• ポイントキャンペーン

河出文庫
スカートの下の劇場

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 215p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784309472416
  • NDC分類 383.15
  • Cコード C0136

内容説明

ひとはどうしてパンティにこだわるのか?なぜ性器を隠すのか?女はどういう基準でパンティを選ぶのか?セックス・アピールかナルシシズムか?女と男のナルシシズムはどう違うのか?―女と男の非対称性に深く立ち入り、セクシュアリティの本質を下着の歴史を通してあざやかに描ききって大きな反響をひきおこした、セクシュアリティの文明史。

目次

序 女だけの王国
1 歴史―下着進化論
2 家族―下着と性器管理
3 現代―パンティはカジュアル化する
4 心理―鏡の国のナルシシズム
5 生理―性器を覆う絹のラップ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

future4227

48
東大名誉教授の上野先生が、パンティについていたってクソ真面目に論じている本。女性の中にあるナルシシズムがパンティに現れるらしい。一方、男のパンツの選択と管理は母親が支配し、それが性器の管理につながり、やがてそれは妻に移行していくという。ブリーフかトランクスかという選択も、実は女性が鍵を握っている。パンティだけでなく様々な性風俗産業の根底にある深層心理をも分析していて、例えばソープランドは男性が受け身の快楽を覚えた画期的な商品なんだとか。ちょうど平成元年に書かれた本だが、30年後を見事に言い当てている。2019/05/13

のえる

46
図書館本。読友さんお薦め本。 歴史学やジェンダー論など、パンティについて様々な視点から考察された一冊。着眼点や考察が斬新でおもしろかった。 パンツの捉え方、ナルシシズムには男女間で大きな意識の違いがあるとのこと。初版が1989年だが、それ程年月が経っている印象は受けなかった。 様々な下着の写真が掲載されているため、読書なさる際はTPOを考慮された方が良いと思います。掲載資料も興味深いものが多く、個人的にはアメリカの女性下着メーカーのカタログ…男性向け/女性向けの違いが明らかでおもしろかった。2021/07/22

しゅん

16
ナルシシズムについて読みながら考える。異性愛者において、女性の性的興奮の対象が男性ではなく自分自身の姿に向いている。フロイトはそこに自己充足型のナルシシズムを見たが、上野は視線の力学を導入して、見る/見られる関係と自己愛の複雑さを導き出す。この時、下着は隠すものであり、誇示するものでもある。自分しか知らない「劇場」を持つこと。…あまり考えがまとまらない。ブリーフ/トランクスの差異に母の支配を見る論点は面白いと思った。2019/07/04

kyouikufs

10
パンティから始まり、最終的には、近代の女性性差別と現代の男性と女性の逆転現象を鋭く突いている内容。どうやったらここまで問いを深められるのでしょうか。しかも、2000年代以前に書かれたというのに、予想が的中している。さらに言えば、男性の「男らしさの身体イメージにマイナスの価値が与えられています」という指摘は、まさにその通りで、むしろ、今やそれが進んでいるように感じます。2014/03/31

しき

9
観客のいないスカートの下の劇場で成立する、女だけの王国。女性下着は、生理用ショーツ・ミニスカ・ハイレグ等の影響を受け、性器をミニマムに覆う形に変化した。また、洗濯機の進化により毎日取り替え可能になると、女性は気分で下着を選ぶようになる。また、男性は下着を性器の象徴としてとらえ、妄想するための下着を求める。結果、様々なパンティが登場した。面白かったのは、下着フェチ・ロリコン・風俗好きの男は共通していること。彼らは女性を匿名性し、彼ら自身の妄想を求めている。実物をみても、あっけないことを知っているのである。2014/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/573500

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。