河出文庫<br> 死に山―世界一不気味な遭難事故“ディアトロフ峠事件”の真相

個数:
電子版価格
¥1,210
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
死に山―世界一不気味な遭難事故“ディアトロフ峠事件”の真相

  • 提携先に27冊在庫がございます。(2024年07月21日 18時59分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 408p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309467924
  • NDC分類 786.1
  • Cコード C0198

内容説明

氷点下の雪山、テントから1キロ半も離れた場所で、登山チーム9名の凄惨な死体が発見された。みな衣服や靴を脱ぎ、頭蓋骨折などの重傷、一人は舌を喪失。遺体からは異常な濃度の放射能が検出。その最終報告書は「未知の不可抗力によって死亡」と語るのみ―。冷戦下ソビエトで起こった世界的未解決遭難怪死事件の全貌と真相を描く、衝撃のノンフィクション!

目次

プロローグ 一九五九年二月ソ連ウラル山脈北部
二〇一二年
一九五九年一月二三日
一九五九年二月
二〇一〇年
一九五九年一月二四日
一九五九年二月
二〇一二年
二〇一二年
一九五九年一月二五日
一九五九年二月
二〇一二年
一九五九年一月二五~二六日
一九五九年二月
二〇一二年
一九五九年一月二六~二八日
一九五九年二~三月
二〇一二年
一九五九年一月二八日~二月一日
一九五九年三月
二〇一二年
一九五九年三月
二〇一二年
一九五九年三~五月
二〇一二年
一九五九年五月
二〇一三年
二〇一三年

著者等紹介

アイカー,ドニー[アイカー,ドニー] [Eichar,Donnie]
フロリダ生まれ。映画・テレビの監督・製作で知られる。新しいところでは、MTVの画期的ドキュメンタリー・シリーズThe Buried Lifeを製作。カリフォルニア州マリブ在住

安原和見[ヤスハラカズミ]
翻訳家。鹿児島県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かぷち

79
1959年ソ連の雪山で9人の男女が不可解な死を遂げた。ノンフィクションを読む理由としてはネタに興味があるのは大前提として、他の人の目線を知ることができ書き手の魂に触れられるから。p100,177に記述してあるように、著者自身が何故この謎にそこまで惹きつけられ解明したいのか納得の行く答えを持っていないので、当然こちらにもその熱が伝わらず苦しい。事件自体の持つ圧倒的な求心力の前に全ては霞み、純粋に知りたいという想いが執念へと変貌し、周囲の人々を突き動かして行く様子は訴えるものが有り、そこをもっと読みたかった。2024/01/22

jam

67
1959年1月、冷戦下のソ連、極寒のウラル山脈で大学生と指導員の男性7人女性2人が消息を絶ち、その後捜索隊は凄惨な遺体を発見した。このいわゆるディアトロフ峠事件は、彼らが矛盾脱衣と言われる状態に陥っただけではなく、頭蓋や胸骨の骨折、眼球や舌が喪われていたり放射能が検出されるなど不可解なことが多かったという。2020年、ロシア連邦は雪崩が原因との見解を出したが、作品はその謎に対峙し一定の結論付けをしていて興味深かった。この先、様ざまな仮説が出ても真の解明は永遠に無い。「死に山」と呼ばれるに相応しく。2024/07/16

Kanonlicht

45
1959年にソ連のウラル山脈の雪原で学生トレッキンググループの一行が不審死を遂げたディアトロフ峠事件。ドキュメンタリー映画監督である著者が、中途離脱したため唯一の生存者となったメンバーを含む関係者への取材と、真冬の事件現場に自ら足を運び得た情報をもとに記したノンフィクション。死地に至るまでの一行の道程、行方不明となった彼らの捜索と遺体発見後の捜査、そして著者による取材と、3つの時系列が平行して進む構成が見事。ラストに描かれる事件当日の再現は、まさにこれが真相だと信じたくなるリアリティがある。2024/02/20

GM職員

26
アメリカのドキュメンタリー映像作家が、大学生登山グループ9名が犠牲となった『ディアトロフ峠』の真相に迫ろうとするノンフィクション。 有名な謎だというのに、実は読メで単行本の感想を見るまで知らなかったので、とても新鮮に楽しんだ。 もはや何が起こったのか知ることはできない過去の出来事に興味を抱いた以上、現地に行って体験してみるという姿勢は好ましい。ロシア語資料の読み込みが足りなかったのはお粗末だが(苦笑)。 これが真相だと言い切ることはできないけど、説得力を持った仮説のひとつ─とは言えるんじゃないかな。2024/02/25

日・月

13
1959年冬、旧ソ連ウラルで実際に起きたディアトロフ峠遭難事件。9人の遺体は衣服や靴をろくにつけず、舌を喪失、着衣から濃度の放射線検出…冷戦下ソ連で起きたことも様々な憶測を呼んだが、陰謀説や宇宙人説・雪崩・襲撃を理論的に排斥し、現場検証と関係者への聞き取りで真相に迫った渾身の書。地形から生じるカルマン渦と超低周波音に結論付けたのは信憑性が高いものと感じます。超低周波音は人の脳に恐怖や緊張を生じさせるそうで、ヒトラー演説の際やイスラエルが群衆の暴発を抑える際に利用したとか‥世の中には知らないことが多い‼2024/04/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21525764
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。