河出文庫<br> ディフェンス

個数:
電子版価格
¥1,265
  • 電書あり

河出文庫
ディフェンス

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月30日 16時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309467559
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

出版社内容情報

チェスに魅了された少年はたちまち世界的プレイヤーとなる。優しい恋人と孤独な内面。著者の「最初の傑作」にして最高のチェス小説。

内容説明

どこか特別な少年ルージンは、チェスの神童として注目される。家族と離れ、世界で対局を続けるうちに、芸術家として彼を敬愛する女性と出会う。ベルリンの大会を絶好調で過ごす彼は、手強いイタリア人トゥラーティとの対決を迎える。

著者等紹介

ナボコフ,ウラジーミル[ナボコフ,ウラジーミル] [Nabokov,Vladimir]
1899年ペテルブルグ生まれ。20世紀の世界文学を代表する作家の一人。ロシア革命によりベルリンに亡命後、1940年アメリカに移住。大学で教える傍ら、英語で執筆を始める。77年没

若島正[ワカシマタダシ]
1952年京都生まれ。京都大学名誉教授。アメリカ文学研究・翻訳・詰将棋作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

51
チェスを題材にした作品でした。チェスのルールを知らないのが悔しかったです。それでもナボコフが連鎖する企みにはまんまとハマってしまうんですよね。面白かったです。チェスを知らなくても楽しめたので、ルールを知っていたらもっと楽しかったでしょう。良著です。2023/04/29

星落秋風五丈原

17
マルレーン・ゴリス監督の『エチュード』を見てから読了。2022/09/13

まぶぜたろう

16
ポケットから出てくるハンカチやチェス盤、煙草や硬貨、星形に裂ける窓や夜空、枡目、格子模様、家に帰ること、様々な言葉がこれしかない正確さで配置され、時空を超えて連携する。そしてナボコフの描く女性たち。悪女だろうが、年上の叔母や人妻や、本作のような献身的なフィアンセ=妻であろうが実に魅力的で、通俗的な読みを拒絶しながら、彼女たちの姿はひたすらに抒情的で美しい。「どこにも行かないでいいのよ」と声がして、ピンクのドレスがたちまち虚空を満たした」。私はこの名無しの妻にジューン・アリソンをキャスティングしたのだった。2023/04/26

nami

13
ナボコフの小説は、忙しない世界を静かに嘲っているような節がある。どこまでも孤高で他者を寄せ付けず、けれど少し寂しそうな背中が愛おしい。それこそ、ルージンのような。限られた時間の中で次の指手に悩み続け、取捨選択を繰り返しながら盤上を駆け回る、チェスとは正しく人生そのもの。愚かに見えたその選択こそが、後に華麗なコンビネーションを決める為の一手になり得、不器用な生き方にこそ洗練された調和がある。運命の手が届かない盤上の外側はどうなっているのか。そこにもまた、濃淡の枡目が広がっているのだろうか。2023/09/29

ハルト

12
読了:◎ チェスによって人生を狂わされてしまった男の話。でも男にとってチェスとは、沈思黙考し、おのれとチェスを溶け合わせる競技であり、そこに他者はいない。ただ孤独にディフェンスを作り、破られるという悲劇と共に、最後の場面では部屋のとびらを破られた代わりに自由を手に入れるという隠喩ともなっている。主人公がなんなのかではなく、チェスとはなんなのか、ということを云いたくて書かれた小説のように思えた。2022/09/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19782096
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。