河出文庫<br> ラウィーニア

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
ラウィーニア

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月12日 20時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 468p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309467221
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

『ゲド戦記』著者が、トロイア滅亡後、地中海を遍歴して古代ローマ建国の礎を築いた英雄の妻を主人公に語り直した壮大な愛の物語。

内容説明

古代イタリアの森の都市を舞台に、美しく気高きラウィーニア姫、古代ローマの礎を築いた英雄アエネーアス、慈愛深き王ラティーヌス、誇り高きラテンの戦士トゥルヌス、狂気の母アマータ、そして詩人ウェルギリウスらが繰り広げる殺戮と愛の物語。はるかな時を超えて、女性の視点から神話的世界を再構築した最後の傑作長篇。ローカス賞受賞。

著者等紹介

ル=グウィン,アーシュラ・K.[ルグウィン,アーシュラK.] [Le Guin,Ursula K.]
1929年、カリフォルニア州生まれ。62年のデビュー以来、斬新なSF・ファンタジー作品を次々に発表。ネビュラ賞、ヒューゴー賞、ローカス賞など多くの受賞歴を誇り、「米国SF界の女王」と呼ばれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

113
アーシュラ•K・ル=グウィンが、愛し尊敬するヴェルギリウスの叙事詩『アエネーイス』の後半の数節を語り直す。彼の最後の妻、ラウィーニアの口を借りて。男たちが描く男たちの歴史を女の視点で描く。ル=グウィンはあとがきで言う。自分はヴェルギリウスを批判するつもりは全くないが、ラウィーニアが時にした、と。そこにすごく共感する。戦いに行く男たちを待つ女たちの怯えと心細さを、歴史書は顧みないことが多かったから。女は時に褒美であったから。強いル=グウィンに語る場を与えられた女たちの声は雄弁。2020/12/06

buchipanda3

102
ラウィーニアという一人の女性が語るある王国の物語。彼女は詩人ウェルギリウスが記した叙事詩にも登場しており英雄アエネーアスの妻となるが、彼女のセリフは無く、唯一お告げのように髪が燃える場面だけが印象に残った。しかしル=グウィンによって彼女は声を得る。彼女が見た戦争、そして男たち、夫、父親、求婚者、義理の息子、愛息。彼らの生涯と共に生き、試練を受けながら敬虔さを貫き、意思を颯爽と示す。詩から飛び出して自らを表した。悠然かつ朗らかな彼女は魅力的。そして著者の流麗な文章に酔いしれ、最後まで至福の読書を堪能した。2022/06/25

NAO

80
自分のせいで戦争となり、男たちが命を落とした。そして、勝利したアエネーアスの妻となったラウィーニア。だが、彼女自身については、『アエネーアス』では、最後の方でほんの少し語られるだけ、しかも彼女は一言も発していない。ル=グインは、同じ女性として、彼女のそんな扱われ方に納得がいかなかったようだ。さらには、現代の古典離れも気になっていたということで、自分なりのラウィーニア像を作り上げた。ル=グインのラウィーニアは、しっかりした考えを持ち、他人を見る目も冷静、なかなか魅力的に描かれている。作者の人柄が感じられる。2020/10/21

呼戯人

17
2018年に88歳で亡くなったアーシュラ・K・ル・グウィンの最後の長編小説。抑制の効いた筆致、突然現れる煌びやかな比喩。トロイアからやってきたアエネーアスの妻になって、一人息子を育てる。その間、いくつもの戦争があり、殺戮が繰り返され、古代の神話的世界が女性の視点で歌い直される。私は「アエネーイス」を読んではいないし、ウェリギリウスのこともほとんど知らないが、ル・グインの筆力によって女から見たローマ帝国の初めを味わったような気がする。2022/04/30

ふりや

16
古代ローマの叙事詩『アエネーイス』を女性であるラウィーニアの視点から語り、再構築した、ル=グウィン最後の長編。イタリアのラティウムの王、ラティーヌスの娘、ラウィーニア。彼女は礼拝のために訪れた森で、詩人ウェルギリウスの生き霊に出会い、自分の波乱に満ちた生涯を示唆されます。そして予言の通りに訪れる戦争や愛憎の中を、彼女は力強く生きていきます。著者の他の作品と同様に、世界観の作り込み、人間関係への洞察、文章での表現力が尋常ではない凄まじいまでのクオリティ。谷垣暁美さんの訳文も素晴らしかったです。 傑作!2022/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16426798

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。