河出文庫<br> 生物はなぜ誕生したのか―生命の起源と進化の最新科学

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

河出文庫
生物はなぜ誕生したのか―生命の起源と進化の最新科学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月26日 17時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 568p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309467177
  • NDC分類 461.6
  • Cコード C0145

出版社内容情報

地球環境の劇的な変化が、幾度もの大量絶滅と進化を加速させた! 宇宙生物学と地球生物学が解き明かす、まったく新しい生命の歴史!

内容説明

生物は幾度もの大量絶滅を経験し、スノーボールアースや酸素濃度の増減といった地球環境の劇的な変化に適応することで進化しつづけてきた。生命はどこでどのように誕生し、何が進化を推し進めたのかを、宇宙生物学や地球生物学といった最新の研究結果をもとに解明。生物の生き残りをかけた巧妙な戦略と苦闘の歴史を新たな視点で描き出す!

目次

時を読む
地球の誕生―四六億年前~四五億年前
生と死、そしてその中間に位置するもの
生命はどこでどのように生まれたのか―四二億(?)年前~三五億年前
酸素の登場―三五億年前~二〇億年前
動物出現までの退屈な一〇億年―二〇億年前~一〇億年前
凍りついた地球と動物の進化―八億五〇〇〇万年前~六億三五〇〇万年前
カンブリア爆発と真の極移動―六億年前~五億年前
オルドビス紀とデボン紀における動物の発展―五億年前~三億六〇〇〇万年前
生物の陸上進出―四億七五〇〇万年前~三億年
節足動物の時代―3億5000万年前~3億年前
大絶滅‐酸素欠乏と硫化水素―2億5200万年前~2億5000年前
三畳紀爆発―2億5200万年前~2億年前
低酸素世界における恐竜の覇権―2億3000万年前~1億8000万年前
温室化した海―2億年前~6500万年前
恐竜の死―6500万年前
ようやく訪れた第三の哺乳類時代―6500万年前~5000万年前
鳥類の時代―5000万年前~250万年前
人類と10度目の絶滅―250万年前~現在
地球生命の把握可能な未来

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

69
地球史、古生物学は、つねに塗りかえられていることを改めて感じ入った。分厚さの中に、驚くような知見があふれ、読み通すまでに、ものすごく時間がかかった。21世紀に入ってから判明した事実には目のウロコが落ちる。前世紀に出た本など、歴史的文献になってしまいそうだ。私の好きなエディアカラ生物(笑)が、どうして化石として残ったのか。その理由から当時の環境を復元できることに恐れいる。もっとも興味深いのは、生物がどうやって無生物から生まれたか。本書を読むと、ミラーの実験やオパーリンの仮説が実に素朴だと感じられるはず。2020/05/15

シタン

22
この世で一番面白い歴史は生命史だと思っている。マルチメディアこどもずかんの恐竜編を遊び尽くした少年時代は宝物(宇宙編も)。科学の醍醐味の一つは更新性にあり。過去に得た知識はすぐ古くなるし、2015年に書かれたこの本の内容も既に古い可能性あり。その一方で、たとえ間違っていても文学として読み継がれるべき書物が存在してしまうのは何故なのか。本書でも言及があるワンダフルライフなど。残念ながら本書はそれには当てはならないと思われる。キーワードはスノーボールアース、酸素濃度、パンスペルミア説(ゼノギアス好き必見!)。2020/10/29

でろり~ん

4
とても興味深く読みました。好い一冊。そですよね、生きていくうえで当然考慮しなければいけない環境ってものに、こういう形で言及した本に初めて出合った感じです。でもあれだ、タイトルの邦訳の「なぜ」はどこにも無いですね。ただNEW HISTORYなんだから当たり前なんでしょうけれど。ウマイ訳だとは思いますが、してやられた感じもします。解りやすく、といいながら、こういう文章を訳すのは難しいんでしょう、とは思いながら、日本語的に文意が不明な個所もありました。ま、読む側の頭のレベルといわれればそれまでなんですけれどね。2020/05/19

zeroset

1
日本語の書名だけ見ると生物の起源に的を絞った本のようだが、原題は”A New History of Life”とある様に、生命史全体を扱った大著。隕石衝突やプルーム、プレートテクトニクス、更には生物自体が原因となった物質循環の変動が、生物圏の運命を決めていく。これを読むと生物の歴史とは本当に薄氷を踏むような歩みであり、ほんの少しのパラメータやタイミングの違いで、知的生物はおろか真核生物やそれこそ生物自体が生まれなかった可能性もあったのだと思いを致させられる。2021/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15527943

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。