河出文庫<br> 大いなる遺産〈下〉

個数:
電子版価格
¥1,045
  • 電書あり

河出文庫
大いなる遺産〈下〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 411p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309463605
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

ロンドンで暮らし始めたピップは、同宿の青年の教えを受けながら、ジェントルマン修業にいそしみ、浪費を重ねる。恋いこがれるエステラとは次第に疎遠となり、虚栄に満ちた生活に疲れた頃、未知の富豪との意外な再会を果たす。ユーモア、恋愛、友情、ミステリ…小説の醍醐味が凝縮された、天才ディケンズの集大成。

著者等紹介

ディケンズ,チャールズ[ディケンズ,チャールズ][Dickens,Charles]
1812年ポーツマス生まれ。19世紀ヨーロッパを代表する小説家。後年の作家たちに多大な影響を与えている。1870年没

佐々木徹[ササキトオル]
1956年生まれ。京都大学大学院教授。専門はイギリス小説(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はたっぴ

98
下巻は読み応えたっぷり。想像以上に起伏に富んだ展開で読む手が止まらない。子供だったとはいえ、とんでもない間違いをおかしたことに気付いたピップ。人を敬う心を持たなかった彼が〝戒め〟のように遭遇した出来事にただただ唖然とし、真の相続人やハヴィシャム、エステラ等々、個性的な人物達との因縁の深さに溜息をついてしまった。そして容赦のない仕打ちに背を向けることなく、粛々と向き合うピップにいつしか温かい眼差しを向けながら読了。読み進めるうちに静かな感動が波のように押し寄せる作品だった。ディケンズ二作目も素晴らしかった。2017/04/30

Ryuko

26
思いがけず財産を得たピップが財産がもたらす他人の態度の変化、自分の醜い一面、そして自分の恩人の秘密を知り、成長していく物語。少年の成長譚にミステリー、恋愛、友情が散りばめられ、ページをめくる手が止まらないとてもおもしろい作品。子供のころからの親友、理解者であるジョーとビディーにつれなくするピップにヤキモキしたが、ディケンズならきっとピップを改心させてくれるだろうと信じて読んだ。そして、ラスト近く、ジョーとビディーを幸せにしてくれてありがとうと思った。2018/08/14

yupi

14
莫大な財産を約束したのは…なるほど、そうだったのかと思ったけれど、人間関係の様々な繋がりには驚いた。ミステリーも含め色々な要素が含まれていて、どんどん読み進められた。上巻は序章という感じで、ゆっくりしたテンポでいまひとつだっただけに、下巻の怒涛の展開は面白かった。上巻でやめないでよかった!2013/01/20

ごへいもち

14
ドラマチック。だけど冗長に感じることもあって読み飛ばした部分もあり。ラストはうっかり読み飛ばして結末を誤解するところだったw2012/02/20

じゅん。

12
ここまで読書で感動したのいつぶり?ってくらい感動した。ディケンズはやはり人物描写がすごい。中でもジョーの人間性には泣かされました。また、節々で語られる言葉の魅力に鳥肌が止まりませんでした。ディケンズの最高傑作といわれるのも納得の読後感。2022/04/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3359785
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。