河出文庫<br> 白痴〈1〉

個数:
電子版価格
¥825
  • 電書あり

河出文庫
白痴〈1〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月16日 15時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 395p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309463377
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

内容説明

初冬のペテルブルグに姿を現した外国帰りの青年ムィシキン公爵。莫大な遺産を相続した彼をめぐり、高慢な美女ナスターシヤ、誇り高き令嬢アグラーヤ、血気盛んな商人ロゴージンなどが織りなす人間模様。ドストエフスキー五大長篇中もっともロマンとサスペンスに満ちた傑作、新訳決定版。

著者等紹介

ドストエフスキー,フョードル[ドストエフスキー,フョードル][Досто´евский,Фёдор Мих´айлович]
1821年モスクワ生まれ。19世紀ロシアを代表する作家。犯罪や政治的陰謀のプロットをベースに、近代社会における個人の自己実現のための葛藤を描き、その後の世界に大きな衝撃を与えつづけている。1881年没

望月哲男[モチズキテツオ]
1951年生まれ。北海道大学教授。専門はロシア文化・文学研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mii22.

59
ドストエフスキー、本当に面白い!そして激しいわ。ロシアの人ってこんなに感情が激しく、誰も彼も延々とよく語るのかしら。純真無垢で子供のような心を持っているゆえ、人々に白痴と呼ばれるムィシキン公爵だが、彼は常に正しいことを思うまま、しかもかなり説得力あるしっかりした内容で話している。ムィシキン公爵の話にはとても惹き付けられるし、心を揺さぶられる。素晴らしい人物造形に圧倒される。ドストやっぱり凄い。2017/10/16

翔亀

54
ドスト5大長編、私の4作目。亀山訳はまだ存在しないが2010年の新訳(望月哲男)。脚注があって緻密だが読み易い。殺人も革命もなく、貴族の社交界の恋愛模様って感じだが、そこはドストエフスキーのこと、圧倒的迫力でページを繰る手が止まらない。第一巻は白痴と称されるムィシキン公爵の人物造形が全てを支えている感じだ。白痴といっても知能が低いわけでなく、病気のため療養所で育ったため子どものような無垢な公爵が、社交界の面々を変化させる。トリックスターか、とも思ったが、そんな生易しさではなく、生々しい人間のぶつかりあい。2014/09/21

たかしくん。

53
以前、新潮の木村訳で挫折したまま。今回は望月訳で再度トライしてます。今のところ、読みやすさではこちらのほうが明らかに上回ってます。他のドストエフスキーの作品同様、癖のある登場人物が次々と現れて、それがまた、イディオット(白痴)の主人公ムィシキン公爵の特異性を際立たせてます。ドストですから、そう簡単な恋愛小説にはならないでしょうしね。作者の体験談でもある、死刑執行される前の極限の精神状態のことを、主人公を通じて語るのも彼らしい。最後に日本人の腹切りが例えとして出てきたのが、意外に印象的!2016/10/09

こばまり

49
つ、詰まってて息苦しい!ここには人の営みの全てが詰まっていると、ドストエフスキーを読む度に感じることよ。わくわくする。2018/09/19

MATHILDA&LEON

41
【英ガーディアン紙が選ぶ必読小説18-Ⅰ/1000】ドストエフスキー=読みにくい、という偏見があったが、読み始めたらなんと面白く読みやすいことか。主人公の純真無垢な心にホッとすると同時に、周囲の人々の醜く汚れた考え方に苛々してくる。とくにこの巻で印象的なのは、彼が4年間過ごした村での話。公爵の子供たちへの無償の愛情、その子供たちの無垢な心、ある娘の話。公爵はまさに神のような人であり、子供たちは天使だ。さて、これから主人公がどうなるのか、そしてどうするのかを楽しみにしつつ、次巻へ。2015/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/619452
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。