河出文庫<br> 麻薬書簡 再現版 (再現版)

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

河出文庫
麻薬書簡 再現版 (再現版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月23日 15時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309462981
  • NDC分類 935
  • Cコード C0197

内容説明

ビートニク文学の代表的存在である二人による書簡集。ヤーヘと呼ばれる究極のドラッグを求めて南米へ二度にわたって旅だったバロウズと、やはり南米を旅したギンズバーグの手紙からなる。どこまでが実際の手紙で、どこからが後の創作なのか。オリジナルの手紙原稿にさかのぼって校訂し、追加材料をまとめた最新の増補改訂版。文庫訳し下ろし。

目次

ヤーヘを求めて―一九五三
七年後―一九六〇(アレン・ギンズバーグよりウィリアム・バロウズへ;バロウズの返事)
エピローグ―一九六三(バンズバーグ「関係者各位」;バロウズ「ぼくは死にかけてるの、だんなさん?」)
補遺(バロウズの一九五三年六月「ヤーヘ」原稿より;バロウズのギンズバーグ宛書簡、一九五三年七月九日;バロウズの一九五三年一二月「ヤーヘ」原稿より;バロウズの一九五六年一月「ヤーヘ記事」原稿より;バロウズの一九五六年三月「ヤーへ記事」原稿より;ギンズバーグの一九六〇年六月南米日誌より)

著者等紹介

バロウズ,ウィリアム[バロウズ,ウィリアム][Burroughs,William S.]
1914‐97年。アメリカの作家。激しい麻薬中毒の時期に発表した『ジャンキー』(53年)で有名になり、錯綜する悪夢的なイメージをコラージュした小説『裸のランチ』が世界的な反響を呼び、ビートニク文学の代表作となる

ギンズバーグ,アレン[ギンズバーグ,アレン][Ginsberg,Allen]
1926‐97年。アメリカの詩人。ロシアのユダヤ系移民の生まれ。衝撃的な長篇詩『吠える』(56年)によって一躍ビートニク文学の中心的存在となる

山形浩生[ヤマガタヒロオ]
1964年、東京生まれ。小説、経済、コンピュータ分野で翻訳・執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯

43
ウイリアム・バロウズとアレン・ギンズバーグの手紙?手紙を模した作品?勝手に往復書簡だと思って読み始めたら、ずーっと「前略アル」でギンズバーグ宛のバロウズの手紙が続いて、ギンズバーグからバロウズへの手紙はごくわずかだったのが期待外れだった。2016/10/18

kazi

32
中島らもさんがこの作品について頻繁に触れていたので、そのうち読もうと思ってました。南米で幻のドラッグを求めてさまようバロウズの珍道中・・、なのか?それよりなにより、解説でも完全にスルーされてる点なのだが、バロウズが南米で少年を売春しまくっているらしき描写が気になった。アメリカから来た作家が経済力格差があるペールやコロンビアで少年を売春ってどうなん?正直ドン引きや。ドラッグよりそっちの方が気になっちった。アレンギンズバーグが書く文章は私には意味不明。無知な自分にとっては実りのある読書になりませんでした。2021/08/25

バズリクソンズ

17
タイトルからしてヤバイ匂い満載。ヤーへという究極の麻薬を求めて2人の間で交わされた手紙のやり取り(途中でどこまでが事実なのかわからなくなりますが)を山形浩生訳で読ませる本作。ビートニク文学って無茶苦茶だな!って思ってましたが、それはやはり日本人的視点。むしろ麻薬の推奨は今の時代どこの国もやってませんが、、、この本の中でだけ味わえるヤバさが混沌と自由と曖昧さと、色々な要素が混じり合ったカオス的作品。感想を書いている自分もどこに行ってるのかわからなくなってしまう。ヤバイがこれも確かに文学。2007/04/12

ほっしー

11
【BIRTHDAY BUNKO】アメリカの作家バロウズと詩人のギンズバーグ(こちらが同じ誕生日)による麻薬書簡。ヤーヘと呼ばれるドラッグを求めて南米を旅したバロウズと、やはり南米を旅したギンズバーグの手紙からなる。素直な感想を書くとよくわからないの一言。見慣れない横文字を調べたらほとんどがドラッグの名前だった。93ページと97ページ(表紙の絵)の絵は不気味だ。ドラッグに完全にやられちゃったのだろうか。バロウズは麻薬中毒気に発表した作品で有名になったらしい。とにかくヤーヘはすごいドラッグらしい。2016/04/22

かみしの

9
正直ほとんど何を読んだのかわからない。インディアンの描写だとかヤーヘのぶっ飛び方なんかはさすがバロウズといったところ。内容もよいけど、むしろビートニク世代のバロウズとギンズバーグ(あとケルアック)のけつ穴も含めたなんともしがたい友情が垣間見えたので、そのあたりがよかった。2016/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7155

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。