河出文庫<br> 差異と反復〈上〉

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

河出文庫
差異と反復〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 15時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 504p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309462967
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0110

内容説明

「いつの日か、世紀はドゥルーズのものとなるだろう」とフーコーをいわしめたドゥルーズの主著にして代表作。ニーチェ、ベルクソン、スピノザらとともに、差異を同一性から解き放ち、反復を“理念”の力=累乗の特異性として発見する時、新たな生と思考がはじまる。かぎりない力をひめた怪物的な書物。

目次

序論 反復と差異(反復と一般性―行動の視点からする第一の区別;一般性の二つのレヴェル―類似と等しさ ほか)
第1章 それ自身における差異(差異と暗い背景;差異を表象=再現前化するということは必要なのだろうか―表象=再現前化の四つのアスペクト(四重の根) ほか)
第2章 それ自身へ向かう反復(反復、それは、何かが変えられること;時間の第一の総合―生ける現在 ほか)
第3章 思考のイマージュ(哲学における前提の問題;第一の公準―普遍的本性タル“思考”の原理 ほか)

著者等紹介

ドゥルーズ,ジル[ドゥルーズ,ジル][Deleuze,Gilles]
1925年生まれ。哲学者。1995年、自ら死を選ぶ

財津理[ザイツオサム]
1947年生まれ。思想研究家(現在、法政大学教授)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

卍丸

9
概念とその対象は記憶と自己意識のなかで実現されている これを表象=再現前化と言う。 本書はこの表象に関しての差異と反復を分析し、プラトンらの時代からの表象に関する考え方を徹底的に検証している。 プラトンのシミュラークルを批判しつつ、ライプニッツ主義的なものや、スピノザ、ベルクソン、ニーチェ、ハイデッガーらの存在論的差異などを検証。その上でニーチェの永劫回帰を駆動エンジンのように持ち同時にニーチェの権力への意志を生成する体系『差異と反復』による表象=再現前化体系のモデル化を鮮やかに打ち出そうとしているようだ2022/02/20

メルキド出版

7
「デカルト的コギトとカント的コギト、未規定なもの、規定作用、規定されうるもの」「ひび割れた《私》、受動的な自我、そして時間の空虚な形式」2020/03/28

wadaya

7
これまで読んだ本の中で最も難解だった。先づはドゥルーズ的思考「微分的」について。世の得体の知れない事象を関数y=f(x)とする。yは従属変数でxは独立変数である。反復とは1+1ではなく累乗的である。つまり関数のグラフは曲線になる。事象は瞬間の集合体であり曲線を微分dy/dxすることによって求められる。微分とは曲線を傾きが無い直線にまで細分化することである。それはほぼ瞬間という点になる。1ピクセルと化した直線の傾きをドゥルーズは「強度」と呼ぶ。この傾きが大きい程、差異が大きいということになる。(下巻に続く)2018/01/06

記憶喪失した男

7
1968年ドゥルーズ「差異と反復」。哲学書の読書量はすごい。2017/10/04

Bevel

7
ヘーゲルの一般化普遍化を目的とする抽象ではなく、内的差異と連続できる、ライプニッツの微分的な比による抽象によってこそ、表象を脱根拠化できる。さらに、潜在性から権利上想定される時間概念は、今まで身体に器官があったことを無視するような直線的な第三の時間において壊されて、差異は記憶とともにまったき反復をする。そして、部分対象性による欠如からくる潜在性の超越論的表現であるシーニュは、シミュラークルとして、仮面として、現実的なものとは区別がつかない、とまとめてみた。2011/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/485054

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。