河出文庫<br> 死をポケットに入れて

個数:
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
死をポケットに入れて

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月21日 15時32分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 234p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309462189
  • NDC分類 935
  • Cコード C0198

出版社内容情報

著者紹介
チャールズ・ブコウスキー (ブコウスキー,C)
1920-1993 ドイツ生まれ。3歳でアメリカ移住。24歳で初の小説発表、郵便局勤務の傍ら創作活動を行う。50歳から作家に専念、50作に及ぶ著作発表。『町でいちばんの美女』『詩人と女たち』等。

中川 五郎 (ナカガワ ゴロウ)
シンガーソングライター、音楽評論家、翻訳や小説など、様々な分野で活躍。著書『渋谷公園通り』『ロメオ塾』他/訳者ブコウスキーの一連の作品他、ハニフ・クレイシ『ぼくは静かに揺れ動く』『パパは家出中』など。

ロバート・クラム (クラム,R)
アメコミの狂える大巨人。あのブコウスキーの小説挿し絵やジャニス・ジョップリン『チープ・スリル』イラストでも有名。ビッチでファッキューなダーティ・スカムカルチャーの大魔王。スケベで孤独な現代人にエロジーを捧げまくる腐れ外道なお下劣じじい。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

やいっち

86
ブコウスキーが亡くなったのは94年3月、73歳で。この日記風作品が書かれたのは、彼が70歳の頃か。日記の日付けは91年になっている。売れ出して貧乏生活から抜けたしたようだ。50歳を超えての売れっ子ぶりに戸惑い気味。人目を避けて、それとも頭を空っぽにするためにか、競馬に明け暮れる。出始めたパソコン(アップルか)との相性が良かったようでペンも進む(キーボードが快調)。2020/12/14

masa

79
人生に最終的な勝者などいない。二十代の頃、競馬場で辿り着いた真理だ。馬券とは敗北の前売りで、実際に僕は応援すべき本命に裏切られることを期待してレースを眺めることさえあった。周りには何かを欲しがる連中が沢山いたが、僕を夢中にさせたのは何かを失うことだった。常軌を逸した飲酒で胡散臭い現実から逃避した。酩酊することで深層心理に沈んだことばのかけらを探そうとした。予想外が欲しかった。過去に当てた大穴になど何の意味もない。大切なのは常に次のレースだ。裏の出続けたコインでも、次のトスで表が出る確率は同じ1/2なのだ。2020/01/13

Y2K☮

52
再読。遺作である「パルプ」を読んだ後だから、彼の創作に対する自力本願の執念がいっそう身に沁みる。音楽はクラシックしか認めないなど気難しい自信家。でもマッカラーズを賞賛しているし唯我独尊ってわけでもない。むしろ他人はどうでもよく、競う相手は過去の自分。カネは必要だが大金名声に興味0。ヒット作の二番煎じなど言語道断。求めるのは「今日」に懸ける熱、斬新な挑戦、己の内から引きずり出した言葉で織り成す筋の通った文体。人生に唾を吐き、他者を遠ざけ、それでも書くことがあれば生きていける。ありがとよ爺さん。勇気を貰えた。2016/08/01

とびほびこび

45
パルプの次に読んだので、落ち着いた印象を受ける。日記というよりもエッセイに近い感じ。自堕落な日常をとうとうと書き綴った日もあれば、ファンキーな行動と思考の中にもゆっくりと近付きつつあるそれに対するまどろみを垣間見る日もある。そんな中でも印象に残る「がらにもなく不朽の名声に思いを巡らす事などくそくらえだ。行動と挑戦の中にこそ栄光はある。死などどうだっていい、大切なのは今日、今日、今日なのだ。」 読んだタイミングにもよるのだろうが、この言葉で最近落ち込みがちな心に喝を入れられた気がする。2015/01/13

Mishima

42
33日分の日記の形をとっているが、ブコウスキーの考えが盛られたエッセイ集。当時、彼は71才であり体調も万全でなかったらしく連続した日記ではない。初読みブコウスキー。最初の2日分読んで「これは好き」と思った。かなり前「バーフライ」というミッキーローク主演の映画をみたが、彼の脚本だったのだとおそまきながら知った。なるほど。また、時折挟まれるイラスト(ロバート・クラム作)も琴線に触れるものだった。彼は著者と親しい仲だったようで、ここからも著者の人となりをうかがい知ることができる。破天荒なまっすぐさ。2016/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/440549

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。