河出文庫<br> 動と不動のコスモロジー―南方熊楠コレクション (新装版)

個数:

河出文庫
動と不動のコスモロジー―南方熊楠コレクション (新装版)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月29日 12時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 391p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309420646
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0100

出版社内容情報

【著者紹介】
1867年和歌山市生まれ。博物学、仏教学、自然科学等をもとに独自の方法論を確立した、博覧強記の民俗学者・粘菌学者。おもな著書に、『十二支考』『南方閑話』『南方随筆』『燕石考』など。1941年没。

内容説明

熊楠の人生は、あざやかな対照をしめす三つの位相からなる。まず、旅人として地球上の広大な空間を放浪した。つぎに、隠棲者として不動点で沈静した。そして最後に、その場で動きつづけるマンダラの主体として完成し、生活者となった。若き日の在米書簡やロンドン日記、履歴書などより、その人生の軌跡を浮き彫りにする。

目次

第1部 自らの名について(南紀特有の人名―楠の字をつける風習について;トーテムと命名)
第2部 アメリカ放浪―在米書簡より(杉村広太郎宛;喜多幅武三郎宛;羽山蕃次郎宛;三好太郎宛;中松盛雄宛)
第3部 ロンドンの青春―ロンドン日記より
第4部 紀州隠棲―履歴書より

著者等紹介

南方熊楠[ミナカタクマグス]
1867‐1941年。和歌山生まれ。博物学者、生物学者、民俗学者。大学予備門中退後、米英に留学、大英博物館に籍を置く。帰国後、田辺で粘菌の採取研究や民俗学に力を注いだ。博覧強記の人として知られる

中沢新一[ナカザワシンイチ]
1950年、山梨県生まれ。明治大学野生の科学研究所所長。思想家、人類学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

キスイ

2
南方熊楠による書簡、日記などを収録。読んでいて全てを理解出来たとは到底言えないのだけど、思ったより楽しめる内容だった。ごく個人的な、形式ばっていない文章ばかりで南方熊楠のリアルな人となりを感じられる…ような気がする。文章に独特の勢いがあり、記憶力の良さとか回転の早さが伺えるのだけど、同時にちょっとどこかダメな人の気配がしてイメージが変わった。こんなもらって困る感じの手紙に、皆さんどんな返事を書いていたのかなぁ。2015/10/21

林克也

1
恥ずかしながら、熊楠本人の書いたまとまった文章を初めて読んだ。粘菌、羊歯類の膨大な研究成果と特異な行動、という面でしか知らなかったが、彼の興味の対象、行動力、人間関係構築力、知識、下ネタ、そしてある意味での生活力など、凄まじいパワーに圧倒された。やはりすごい人だった。2016/04/01

atseiji

0
初めて聞いた南方熊楠という名前であった。内容は現代てまは難しいが。どう表現していいかわからないが、見識が広い人であることは間違いない。図書館で借りたのでまた読んでみたい。2017/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9699657

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。