河出文庫<br> ジュリアン・バトラーの真実の生涯―The Real Life of Julian Butler

個数:

河出文庫
ジュリアン・バトラーの真実の生涯―The Real Life of Julian Butler

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月16日 22時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 512p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309420202
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

作風は優雅にして猥雑、生涯は華麗にしてスキャンダラス。20世紀アメリカ文学史上に燦然と輝く伝説の小説家ジュリアン・バトラー。しかし、ある覆面作家によって書かれた回想録『ジュリアン・バトラーの真実の生涯』が刊行され、遂にその実像が明らかになる―。デビュー小説で読売文学賞を受賞し、各メディア絶賛の超話題作が、宇野亞喜良の装画で待望の文庫化!

著者等紹介

川本直[カワモトナオ]
1980年東京都生まれ。小説家・文芸評論家。2021年、デビュー小説『ジュリアン・バトラーの真実の生涯』で第73回読売文学賞(小説賞)を受賞。同作は第9回鮭児文学賞、第2回みんなのつぶやき文学賞(国内篇第1位)も受賞し、各メディアで話題となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Inzaghico

10
壮大な虚構だが、それを支えているのが揺るぎない事実と真実。その質と量たるや、事実として存在するアメリカ文学(とイギリス文学)の作品と人物を、ここまで縦横無尽に展開するには、相当の学識がないと無理だろう。フィクションでこそあるが、アメリカ近現代文学史として読んでも抜群に面白い。いわゆるマイノリティ文学(民族的にも性別的にもジェンダー的にも。「アジア系アメリカ文学」というように、アメリカ文学の前にXXがつくものの総称として)が抵抗・対立からマジョリティとの同化へ、という流れも文中できちんと踏まえられている。2024/02/27

どら猫さとっち

8
これは面白い。優雅で猥雑、華麗なスキャンダラスな伝説作家、ジュリアン・バトラー。彼をめぐる実像の評伝小説。デビュー作で読売文学賞受賞、伝説の話題作が降臨。カポーティやメイラーなど、実在の作家が登場するので、これは現実なのか虚構なのか…。しかし不思議とその世界に入り込め、現実にいたら大変だけど、面白く愛おしい。日本文学史上、異色の超大作。2023/12/08

D

5
批評家による小説。翻訳小説と見せかけた日本文学。2024/03/25

ふゆきち

5
プロットもキャラクターも何もかも強い。この時代のアメリカ文学に明るくなくても、めちゃくちゃに面白い小説でした。2024/01/31

biwacovic

4
異様な密度で構成された20世紀アメリカ文学史。しかも(偽)史。文献にもとづいた事実の枠組みの中に妄想を埋め込んでいく技術に読みながら惚れる。優れた嘘つき(=小説家)は、優れた歴史家であり批評家であるべきだ、と常々思っているが、その証左となる小説だと思った。カポーティもアンディ・ウォーホールもこの小説の中で生きている。「この小説はフィクションです」という一文がこれほど輝くことは滅多にないだろう。2023/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21596725
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。