河出文庫<br> 娘に語るお父さんの戦記―小さな天国の話

個数:
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
娘に語るお父さんの戦記―小さな天国の話

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年08月09日 22時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 280p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309419060
  • NDC分類 916
  • Cコード C0123

出版社内容情報

21歳で南方出征。ラバウルの先住民たちとの出会い。過酷な戦場を生き延びた著者の、子どもたちに向けたありのままの戦争の記録。

内容説明

21歳のある日、「お父さん」は突然地獄のような南方戦線へかり出された。不条理と不合理に満ちた過酷な戦場で、左手を失い、マラリアに苦しみ、何度も生死の境をさまよった。そんな中、現地ラバウルの人々に出会う。自然を畏れ敬い、のびやかに暮らす彼らの生活は、まさに「小さな天国」だった。戦争を知らない世代のために水木しげるが残した、ありのままの体験の記録。

目次

入隊
最前線
丘の上
土人部落
別れ
戦後の生活
小さな天国

著者等紹介

水木しげる[ミズキシゲル]
1922年生まれ、鳥取県境港市出身。21歳で南方の激戦地へ出征、空爆のため左腕を失う。戦後、紙芝居・貸本漫画のキャリアを積み、1965年に発表した『テレビくん』で講談社児童まんが賞を受賞。妖怪漫画の第一人者であり、国民的人気を博す作家。1991年紫綬褒章、2003年旭日小綬章受章、2010年には文化功労者に。2015年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。