河出文庫<br> もぐ∞

個数:

河出文庫
もぐ∞

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月30日 16時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 177p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309418827
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

最果タヒが「食べる」を綴ったエッセイが文庫化! 至極の25作品に加えて文庫版おまけ「最果タヒ的たべもの辞典(増補版)」収録。

内容説明

自由度無限大!最果タヒの「食」への情熱が溢れる至極のエッセイ集が待望の文庫化。「パフェはたべものの天才」「グッバイ小籠包」「ジャジャーン!ポールエヴァン!」「ぼくの理想はカレーかラーメン」「良いサンドイッチはミステリー」など25篇に加えて、文庫本版のおまけ「最果タヒ的たべもの辞典(増補版)」を特別収録。

目次

パフェはたべものの天才
グッバイ小籠包
現実の国から。
大人は温度を食べている
ジャジャーン!ポールエヴァン!
勝手に食え!
ちくわ天という奇跡
みかんで越冬物語
チョコレートが好き?
諦めのレシピ
愛・小倉ノワール
「オムライスが食べたい」は詭弁
ぼくの理想はカレーかラーメン
抹茶ソフト現代詩
ケーキのために、ロケットを。
また会おう、タイ料理。
アイスクリームは魔法味
グラタンへの愚鈍な好意
フォトジェニック、愛したい。
懐かしくないたまごぼーろ
良いサンドイッチはミステリー
ドーナツと向き合う日
パフェは自給自足のロマンチック
これでも愛しているんだ、鍋

著者等紹介

最果タヒ[サイハテタヒ]
1986年生まれ。詩人。2006年、現代詩手帖賞を受賞。07年、第一詩集『グッドモーニング』で中原中也賞、15年、詩集『死んでしまう系のぼくらに』で現代詩花椿賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マーム

80
もぐ∞(もぐのむげんだいじょうと読む)というタイトルからは分からないが食べ物にまつわるエッセイ。内容はそこに留まらない。著者は詩人だからか独特の感性を持っている。小惑星探査機はやぶさが帰ってきたときに、おかえり!という共感の涙ではなく、機械が生きているように見えるわけでも、はやぶさに関わってきた多くの人のことを思ったわけでなく、ただはやぶさを見ると涙が出たという。感動は思考よりも感情よりも早くにやってくるから、どうして感動をしたのかということは辿ろうとしても結局後付にしかならないという主張はなるほどと思う2023/06/15

ホークス

43
元本は2017年刊。著者は詩人。子供の柔らかな感性を保持している。本書は、食べる事への身体感覚を通じて考察するエッセイ。冒頭の『パフェはたべものの天才』で惹きつけられた。何故か最近、無性にパフェが食べたい。そうか、パフェは天才だから仕方ないよね、と嬉しくなった。著者の疑問は興味深い。コーヒーや酢の物は美味しくないのに何故食べるのか?人は一瞬一瞬で味を完結できず、後味や余韻に引きづられる。だからとても苦いものや酸っぱいもので区切りをつける、という結論。感覚に対して妥協しない所に、詩人の凄みを感じた。2022/07/10

tenori

42
詩人・最果タヒの人物像は謎めいていて、使う言葉や文体からシュールな印象が強かったのだけれど、食にまつわるエッセイを通じて距離感が縮まった感じ。一般的な食エッセイに比べて「食べている自分」を客観的に見つめているところが面白く、やはり独特な感性を持っている方だなと思う。子供の頃のファンタジーがある日突然常識になり、醒めてしまうことを引き合いに、謎のままであってほしいと綴る「アイスクリームは魔法味」が好き。2023/01/07

水色系

28
言葉も絵もなんかもう全部がポップでかわいい食べ物エッセイ。明日はうどん屋に行ってちくわ天食べよっと。以下引用。孤独になることぐらい生きていればいくらでもあって、ひとりぼっちになることなんて、生きていればあんがい当たり前のできごとなんだとわかってくるけれど、それでも私には私がいるのだということ、そのことも同時によくわかる。(P22-23)2023/04/07

TSUBASA

26
詩人最果タヒの食エッセイ。キャンバスにダイナミックに殴り描きしてるけども繊細な色合いが出てるような文章という感じで表現が独特。「インスタの食べ物写真は本当に「おいしそう」で実際に食べたいと思わない感じ」「素朴な味に対して「懐かしい」なんて、素朴にも、懐かしさにも失礼だろうよ」「大人は温度を食べている」。詭弁のように思えることもあるけど、何となく知覚している感情の隙間を撃ち抜いてくるような表現が色々。でも、おいしいものがいかにおいしいか、が一番読んでて幸せだなぁと感じた次第。2022/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19425675
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。