河出文庫<br> 官報複合体―権力と一体化するメディアの正体

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

河出文庫
官報複合体―権力と一体化するメディアの正体

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年05月19日 01時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309418483
  • NDC分類 070.4
  • Cコード C0136

出版社内容情報

日本の新聞はなぜ政府の広報紙にすぎないのか? 権力との癒着を示す事件をもとに、権力の応援団と化す日本メディアの大罪を暴く。

内容説明

日本メディアはなぜ政府の“広報係”にすぎないのか?一般的にメディアは、権力の監視役だといわれる。しかし、日本では権力の一部に組み込まれている。官僚機構に網目のように張り巡らされた記者クラブ中心の報道は、権力側のプレスリリースを垂れ流すだけの存在となっている。メディアと権力の癒着を示す様々な事件をもとに、その正体を暴く。

目次

市民目線を欠く日本の報道
「公益にかなう報道」とは何か
「リーク依存型取材」の罪
無意味な特ダネ競争
内部告発冬の時代
番犬ジャーナリズムの重要性
蔓延する推定有罪報道
権力を守る匿名報道
顔の見えない捜査官・裁判官
抗議デモと権力取材
官報複合体支える記者クラブ
オフレコ記者懇談の罠
消費者の守護神
肉体労働者から知的労働者へ
1面トップ記事の条件
ピュリツァーへの回帰
エピローグ 私が日経新聞を辞めた理由

著者等紹介

牧野洋[マキノヨウ]
1960年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、米コロンビア大学大学院ジャーナリズムスクール修了。1983年、日本経済新聞社入社。ニューヨーク特派員や「日経ビジネス」編集委員、本社編集委員などを歴任し、2007年に独立、執筆・翻訳活動に入る。早稲田大学大学院ジャーナリズムスクール非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うさぎや

4
つまるところ忖度なんだなあ、ということで。アメリカのジャーナリズムとは明らかに異なる日本の報道システムにがっくりさせられた。2021/10/10

ゆうろう

0
米国と日本でこうもジャーナリズムの認識が違うとは思わなかった。他紙を抜いた抜かれたの競争を肯定的に考えていたが、それは権力側からの意図的なリークによるものがほとんどで、権力を持つ側とマスメディアとの癒着に繋がるとの指摘は、確かに一理はあるな。一方で著者は逆ピラミッド型記事に疑問を呈し、以前WSJで採られていたニュージャーナリズム的手法をより評価しているようだが、俺は懐疑的だ。いずれにせよ、特ダネは権力者側からのリークを拠り所とするので、鵜呑みにしないよう気をつけよう。自分のメディアリテラシーを磨く好著❗️2022/01/02

mm71

0
元日経記者による新聞批判。記者倶楽部、リーク依存型取材への批判に始まり、権力側ではなく、内部告発者側、生活者視点での報道を、エゴスクープ、つまり特ダネ競争は無意味、さらに新聞記者は肉体労働と面白い。コモディティニュースよりフィーチャー記事、調査報道重視の提言もなるほど。2021/10/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18558738

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。