河出文庫<br> これから泳ぎにいきませんか―穂村弘の書評集

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
これから泳ぎにいきませんか―穂村弘の書評集

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2021年08月05日 01時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 357p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309418261
  • NDC分類 019
  • Cコード C0195

出版社内容情報

ミステリ、SF、恋愛小説から漫画、歌集、絵本まで、目利きが紹介する本当に面白い本の数々。読んだ後では目に映る世界が変わる。

内容説明

「私は途中で何度も本から顔を上げた。そして、真夜中の空気に向かって囁いた。凄い、凄い、凄い、凄い、これ、物凄いよ。誰かに電話をかけてそう云いたい。ツイッターでそうつぶやきたい」小説、漫画、エッセイ、絵本、歌集、詩集、目利きの歌人が折々に魅了された本の数々。穂村弘の書評集。谷川俊太郎との特別対談収録!

目次

1(その凄さ海のよう(山岸凉子『日出処の天子』)
思春期最強のバイブル(倉橋由美子『聖少女』)
かっこいい部屋(木内昇『新・東京の仕事場』)
物語のない時代(桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』)
桃太郎の桃の運命(内田百〓「桃太郎」) ほか)
2(これは一体何なのだ(川上弘美『物語が、始まる』)
「時間」が見える人(本上まなみ『ほんじょの鉛筆日和。』)
孤独のひかり(本田瑞穂『すばらしい日々』)
転校生登場(四元康祐『四元康祐詩集』)
洞察観音(酒井順子『食のほそみち』) ほか)

著者等紹介

穂村弘[ホムラヒロシ]
1962年、北海道札幌市生まれ。歌人。上智大学文学部英文学科卒業。『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞、歌集『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞を受賞。ほむらひろし名義による絵本の翻訳も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。