河出文庫<br> ヨコハマメリー―白塗りの老娼はどこへいったのか

個数:

河出文庫
ヨコハマメリー―白塗りの老娼はどこへいったのか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年03月09日 13時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 377p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309417653
  • NDC分類 368.4
  • Cコード C0195

出版社内容情報

伊勢佐木町に立つ白塗りの老娼ヨコハマメリーとは何者だったのか? 徹底した取材から明かされる彼女の生涯と、戦後横浜の真実。

内容説明

歌舞伎役者のように顔を白く塗り、貴族のようなドレスに身を包み、ひっそりと伊勢佐木町に立つ老女。本名も年齢も明かさず、戦後五〇年を娼婦として生きた彼女は、一九九五年冬、忽然とその姿を消した。ヨコハマメリーと呼ばれ街の風景の一部となった彼女は何者だったのか?数多くの証言と資料から明かされるその生涯を通じて、知られざる戦後横浜の真実を描く。

目次

第1章 メリーさんとは何者?
第2章 “ヨコハマ”から読み解く近現代
第3章 “メリーさん”の記憶
第4章 ローザとメリー
第5章 港のメリー・ヨコハマヨコスカ
第6章 二人の「マイウェイ」
第7章 伊勢佐木町ブルースが聞こえる
第8章 エピローグ

著者等紹介

中村高寛[ナカムラタカユキ]
1975年生まれ。97年に松竹大船撮影所よりキャリアをスタート。99年に中国・北京電影学院で映画演出とドキュメンタリー理論を学び、帰国後、助監督を務める。06年、映画『ヨコハマメリー』で監督デビュー、横浜文化賞芸術奨励賞など11の賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。