河出文庫<br> ブルーヘブンを君に

個数:
電子版価格 ¥759
  • 電書あり

河出文庫
ブルーヘブンを君に

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月23日 16時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 211p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309417431
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ハング・グライダー乗りの蒼太に出会った冬子はある日、彼にとって特別なフライトに招待される。淡い想いが交錯する大人の青春小説。

内容説明

「俺、青が好きだからさ」夏のはじまり、ハング・グライダー乗りの蒼太に出会った高校生の冬子。ある日、実家のバラ園を手伝う彼女のもとに、バイト代を貯めて買った自分だけの機体での初フライトを見にきてほしい、と招待状を手に蒼太が現れる。それから11年後、27歳の冬子はオリジナルのバラを作り始め―年月を超え、淡い想いが交錯する同名映画原作。

著者等紹介

秦建日子[ハタタケヒコ]
小説家・脚本家・演出家・映画監督。1968年生まれ。97年より専業の作家活動。2004年『推理小説』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

寂しがり屋の狼さん

31
「世界は、美しい青で出来てるって思うんだ」…青をモチーフに1人の女性の人生を静かに描いた作品。ブルーヘブン【青いバラ】その花言葉は『不可能』…「うちの子供たちが本気でチャレンジするなら、いつか青いバラだって作れると、私は信じてますからね…」物語の中で母親が語った言葉が印象的。そして、実際に長い長い年月をかけてブルーヘブン【青いバラ】は誕生した。その花言葉は『夢はかなう』。是非、多くの方にこの奇跡の物語を読んで頂きたい。2020/06/28

TAKA0726

16
自身地元が愛知県と三重県の県境で、KUHANA!に続きブルーヘブンも映画化されて親近感がわく。神戸町「ごうどちょう」の読み方もプチ自慢。世界初の青いバラ、花言葉は「夢はかなう」。ブルーヘブンの生みの親として知られる園芸家の実話。冬子役は由紀さおり、川越役は大和田獏だが他の出演は原作と大きく違い、冬子ががん発症で未達成の夢のハンググライダーで空を飛びたいになっている。ドラゴンズ先発星野仙一も懐かしいが、プロローグ1971年「図書館で生まれた」は何が、誰が?冬子は16歳だがどんな意味かが解らないのがモヤモヤ。2020/09/13

りちゃ

12
良い話なのだが、実にあっさり。えっ、鷹野くんの出番これで終わり?川越先生も…。冬子の「不可能を可能に」という決意表明。といった感じか。2020/10/14

hiromura

11
あとがきに出てくる悦子さんからの進呈本。映画チラシも読んでいたので、原作は想像とは違っていました。身近な地名やお店も出て来て景色が目に浮かぶ。2020/10/17

文庫本依存Hiro

7
『ブルーヘブンを君に/秦 建日子』読了。 バラ園を営む家族で育つヒロインそ中心に、家族や恋愛をはじめとする感情が持つ、青臭さと逞しさを描く1冊。 青いバラの寓意は、有名といえば有名なエピソードながら、やはり不可能を可能に変える、というプロセスにはグッとくる。 悲しみや絶望に塗れた毎日を、鮮やかな青が塗り替えてくれるさわやかな読後感が素敵。2020/06/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15713536

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。