河出文庫<br> 八本脚の蝶

個数:

河出文庫
八本脚の蝶

  • ウェブストアに30冊在庫がございます。(2020年02月19日 20時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 608p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784309417332
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0195

内容説明

目覚めなさい。現実から目覚め、「私」から目覚めなさい。もっと深く夢見たいのなら―。二十五歳の若さで自らこの世を去った女性編集者・二階堂奥歯。亡くなる直前まで書かれた二年間の日記と、作家や恋人など生前近しかった十三人の文章を収録。無数の読書体験や鋭敏な感性が生み出す、驚くべき思考世界と言語感覚。著者没後十七年、さらに鮮烈さを増す無二の一冊。2016年本屋大賞・発掘部門「超発掘本!」

目次

日記―二〇〇一年六月一三日~二〇〇三年四月二六日
記憶―あの日、彼女と(空耳のこんにちは(雪雪)
教室の二階堂奥歯(鹿島徹)
エディトリアル・ワーカーとして(東雅夫)
二〇〇二年の夏衣(佐藤弓生)
六本脚の蝶から(津原泰水)
夏のなかの夏(西崎憲) ほか)
特別収録 『幻想文学』二階堂奥歯ブックレビュー

著者等紹介

二階堂奥歯[ニカイドウオクバ]
1977年生まれ。早稲田大学第一文学部哲学科卒業。編集者。2003年4月、26歳の誕生日を目前に自らの意思でこの世を去る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

25歳、自らの意志でこの世を去った女性編集者の約2年間の日記。16年の本屋大賞「超発掘本」、無二の一冊を文庫化。解説:穂村弘

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件