河出文庫<br> 山峡奇談

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
山峡奇談

  • 志村 有弘【編訳】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 河出書房新社(2020/01発売)
  • ウェブストア ポイント5倍キャンペーン,夏のジャンル別プラスポイント(文庫)
  • ポイント 42pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年08月16日 05時46分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 248p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784309417295
  • NDC分類 388.1
  • Cコード C0193

内容説明

いにしえよりずっと、村びとや木こり、旅人や行商人、また僧ですら、山懐や奥山に分け入れば、さまざまに人知を超えた怪異や妖かし、不思議に遭遇してきた。そんな古代から昭和にまでわたる、諸国に伝わるこわい話・奇妙な話を『諸国里人談』『奇談雑史』『怪談実話揃』などの奇譚の宝庫から蒐集し、現代語訳で届ける怪異集。

目次

古代・中古(奈良~平安時代)(法華経を誦す髑髏;役行者と鬼 ほか)
中世(鎌倉~安土桃山時代)(盗賊・熊坂長範の高野山の歌;高野山の入道のもとに通う妻 ほか)
近世(江戸時代)(異獣;山男 ほか)
近代(明治時代~昭和)(天狗森;鼠になった狩人 ほか)
附録―山窩綺談 釈迦ヶ嶽のおせん

著者等紹介

志村有弘[シムラクニヒロ]
1941年、北海道生まれ。伝承文学・近現代文学研究者。相模女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

古代から近代まで、諸国の山野に伝わる怪異譚、不思議話を多数収録。旅人や山人の記録を現代語訳で。