河出文庫<br> 天下奪回―黒田長政と結城秀康の策謀

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
天下奪回―黒田長政と結城秀康の策謀

  • 北沢 秋【著】
  • 価格 ¥825(本体¥750)
  • 河出書房新社(2019/11発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 35pt
  • 提携先に4冊在庫がございます。(2021年11月27日 18時13分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 384p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784309417165
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

関ヶ原の戦い後、黒田長政と結城秀康が天下獲りを狙う! 50万部を超えた<合戦屋シリーズ>の著者による戦国歴史ロマン。

内容説明

関ヶ原の戦いから7年後。第一の武功をあげながら、その才ゆえに次第に家康から遠ざけられる黒田長政と、事実上の長子でありながら養子に出され、実父・徳川家康より疎まれてきた結城秀康が手を組み、渾身の策で天下獲りを狙う、戦国歴史ロマン。

著者等紹介

北沢秋[キタザワシュウ]
東京都生まれ。東京大学工学部卒業。自動車メーカーでの会社員生活を経て、2009年に『哄う合戦屋』(双葉社)にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

onasu

11
関ヶ原の役より6年後の慶長11年、筑前に封じられた黒田長政は、父(如水)譲りか天下への野望を捨てていなかった。  旗頭は無論豊臣秀頼だが、それを己のみで支えることは形式的にも、実質的にも不可能で、共に立つ者を探っていった結果、豊臣、徳川双方に縁のある越前宰相、結城秀康の名が浮かび、接触を図っていって、旗揚げまでこぎ着けたが…。  関ヶ原の役とは豊臣家中の争いであり、しかも徳川方は合戦に参加してもおらず、江戸時代初期とは、徳川への権力移譲が完成していない。そんな時だからこそ、というおもしろい著作でした。2020/01/13

ひまり@ちょっといま忙しい

6
家康の実子であり、才能溢れながらも不遇の人生を送った結城秀康。天才軍師、黒田官兵衛の息子として非凡な才能がありながらも影に隠れて生きてきた黒田長政。ふたりの天才が徳川家から天下奪回するために奮闘する←この時点でもう凄く面白すぎてやばない?そして実際面白かった!!もし、もしもこの通りに歴史が動いたらどうなっていたのか。何かを成し遂げようとする人はかっこいい。それと同時に、賢い女を妻にした男はそれだけでもう勝ち組なんだなと思うのです。愛する妻のため頑張るって素敵よねー(∩˘ω˘∩ )♡2021/01/31

tako_machida

2
結城秀康と黒田長政による天下獲り計画の話で、フィクション色が強いですが、これはこれで有りな一作。最後が呆気なさ過ぎかな!?2020/10/19

zero

1
『合戦屋』シリーズはフィクションだったが、今作は歴史IFに真っ向から取り組んでいる。それにしても、家康の子供は有能なのが多いイメージ。忠輝とか。悪役の秀忠だって歴史的にみれば徳川幕府の礎を築いたし。2020/09/10

白隠禅師

0
ちょっと意外な人物が手を組み徳川に挑むというなかなか面白い展開。あまり知られてないけど結城秀康が2代目だったらどうなったんだろうなんて想像してしまう。優秀だったからこそ家康から遠ざけられたのだろう。けど実際戦いがあったら勝ったかもしれないけどまた乱世に戻った気がするな。2021/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14643257

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。