河出文庫<br> 夏目漱石、読んじゃえば?

個数:
電子版価格 ¥734
  • 電書あり

河出文庫
夏目漱石、読んじゃえば?

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年10月17日 04時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 192p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309416069
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0195

内容説明

『吾輩は猫である』は全部読まなくていい!『草枕』はアートみたいに楽しめる!『坊っちゃん』は中二病主人公に注目!『それから』に仕掛けられた謎を解こう!文豪・夏目漱石を愛してやまない作家・奥泉光が、名作の数々を面白く読む方法を伝授。“文学”との付き合い方まで楽しく分かる、決定版入門。香日ゆらの漫画付き。

目次

第1章 『吾輩は猫である』―小説は全部読まなくてもいいのである
第2章 『草枕』―小説はアートだと思うといいよ
第3章 『夢十夜』―「夢十一夜」を書いてみよう
第4章 『坊っちゃん』―先入観を捨てて読んでみたら
第5章 『三四郎』―脇役に注目するといいかも
第6章 “短編集”―作者の実験精神を探ってみよう
第7章 『こころ』―傑作だなんて思わなくていい
第8章 『思い出す事など』―「物語」を脇に置こう
第9章 『それから』―イメージと戯れよう
第10章 『明暗』―小説は未完でもいいのだ

著者等紹介

奥泉光[オクイズミヒカル]
1956年山形県生まれ。国際基督教大学大学院博士前期課程修了。86年「すばる」に「地の鳥天の魚群」を発表しデビュー。93年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞、94年「石の来歴」で芥川賞、2009年『神器』で野間文芸賞、14年『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『猫』は全部読まなくていい!  『それから』に仕掛けられた謎を解こう! 奥泉光が漱石の名作を面白く読む方法、伝授します。

夏目漱石って知ってる? (漫画・香日ゆら)

はじめに

第1章 『吾輩は猫である』――小説は全部読まなくてもいいのである

第2章 『草枕』――小説はアートだと思うといいよ

第3章 『夢十夜』――「夢十一夜」を書いてみよう

第4章 『坊っちゃん』――先入観を捨てて読んでみたら

第5章 『三四郎』――脇役に注目するといいかも

第6章 “短編集”――作者の実験精神を探ってみよう

第7章 『こころ』――傑作だなんて思わなくていい

第8章 『思い出す事など』――「物語」を脇に置こう

第9章 『それから』――イメージと戯れよう

第10章 『明暗』――小説は未完でもいいのだ

コラム1 漱石とお菓子――漱石は大の甘党だった!?
コラム2 漱石と動物――漱石は犬派だった!?

奥泉 光[オクイズミ ヒカル]
著・文・その他