河出文庫<br> にんげん蚤の市

個数:

河出文庫
にんげん蚤の市

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月09日 07時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 228p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309415925
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

大枚はたいてエーゲのブロンズ像に再び会いに来た女性。惚れたが悪いか。自分だけの世界への愛に貫かれた人間観察エッセイ。

内容説明

忘れえぬ人たちと、かけがえのない想い出が見事に綴られた一冊。乙羽信子、土門拳、司馬遼太郎…さらにコアラと呼んだ宅配青年…そして夫・ドッコイ。惚れたが悪いか!袖ふりあった人との、心に刻み込まれるエピソード。想い出は盗られる心配もない。その幸せがひしひし伝わる珠玉のエッセイ集。安野光雅さんのカットと挿画で。

目次

ホノルルの静かでない生活
のっぺらぼう
デコちゃんレター
眉間の縦じわ
小さな棘
人間鑑定図
年金花火
ホノルル便り
勲章の重さ
菜の花

著者等紹介

高峰秀子[タカミネヒデコ]
1924年生まれ。女優、エッセイスト。五歳の時、松竹映画「母」で子役デビュー。以降、300本を超える映画に出演。『わたしの渡世日記』(日本エッセイスト・クラブ賞受賞)など著書多数。夫は脚本家で映画監督の松山善三。2010年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なつみかん

9
高峰秀子さん・・・ご存命の頃を見知ってはいるのだけれど、じゃぁどんな映画に出てらっしゃるのか?、ピンとはきません。それでも印象残る方なのでそのエッセイはどうだろう。いや、これがどうにも面白い!どうりで作品数も多い訳だと、そう思う。サバサバとして、要らぬ忖度のない辛口に、もう何冊かは読んでみたいと思う。となると、現役の女優さんで筆を持つ方、達者な方は誰がいるのかなぁ?探して読み比べてみたい。2020/07/10

びす子ちゃん

2
ざっくばらんで、著者のことがすぐに好きになってしまう。親近感によって、昔へと旅に出られる。「スェタア」の表記にロマン。2018/06/14

とし

0
他の高峰さんのエッセイよりさっぱりしてる気がする。が、気のせいかな?2018/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12630045

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。