河出文庫 KAWADEノスタルジック探偵・怪奇・幻想シリーズ<br> 鉄鎖殺人事件

個数:

河出文庫 KAWADEノスタルジック探偵・怪奇・幻想シリーズ
鉄鎖殺人事件

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2017年10月24日 00時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 440p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309415703
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

質屋の殺人現場には、破られた西郷隆盛の肖像画が散らばっており、その中の一枚は、被害者の顔と酷似していた…、埃だらけの階段に残された輪形と蝋涙の謎…不可解な死を発端とする事件の真相に迫る名探偵は、元検事・藤枝真太郎。ヴァン・ダイン風の本格長篇ミステリを追求した著者の、スリルとサスペンスに満ちた最高傑作長篇!

著者紹介

浜尾四郎[ハマオシロウ]
1896年、東京生まれ。推理小説作家。東京帝大法学部を卒業後、検事となり、辞職後は弁護士に。貴族院議員も務めた。男爵・医学博士の加藤照麿の四男として生まれ、浜尾新子爵の婿養子に。『新青年』に「落語と犯罪」などのエッセイを発表した後、横溝正史の誘いで同誌に短篇「彼が殺したか」を発表し作家デビュー。ヴァン・ダイン流の本格探偵小説を標榜し実践した。1935年、病没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

殺人現場に残された西郷隆盛の引き裂かれた肖像画は、死体の顔と酷似していた。元検事藤枝慎太郎が挑む、著者の本格探偵長篇代表作。