河出文庫 KAWADEノスタルジック探偵・怪奇・幻想シリーズ<br> 疑問の黒枠

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

河出文庫 KAWADEノスタルジック探偵・怪奇・幻想シリーズ
疑問の黒枠

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月26日 05時37分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309415666
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

差出人不明の謎の新聞死亡広告を利用して、自らの模擬生前葬と還暦祝いを企図した商事会社社長・村井喜七郎は本当に死んでしまう。他殺か?さらに死体は紛失し…法医学者・小窪介三は自らの“犯罪方程式”を元に犯人に迫る。息づまるプロットの展開に目を瞠る不木唯一の長篇推理小説、戦後初の文庫化!

著者等紹介

小酒井不木[コサカイフボク]
1890年、愛知県生まれ。推理小説家、翻訳家、医学者。東京帝国大学医学部卒。血清学、生理学を研究、東北帝大衛生学教授、医学博士。『新青年』編集長森下雨村の知己を得、翻訳、研究で探偵小説の普及に努める。1929年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

差出人不明の謎の死亡広告を利用して、擬似生前葬と還暦祝いを企図した村井喜七郎は実際に死亡し……不木長篇最高傑作の初の文庫化。