河出文庫<br> ザーッと降って、からりと晴れて

個数:
電子版価格
¥704
  • 電書あり

河出文庫
ザーッと降って、からりと晴れて

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年04月21日 13時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309415406
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

リストラ間近の中年男、駆け出し脚本家、離婚目前の主婦、本命になれないOL――ちょっと不器用な人たちが起こす小さな奇跡の物語。

秦 建日子[ハタ タケヒコ]
著・文・その他

内容説明

リストラ直前の中年男、駆け出しのシナリオライター、離婚目前のキャリアウーマン、本命になれない30歳のOL―。一生懸命生きているけど、ちょっと不器用な人たちに起こる、小さな奇跡が連鎖して…感動の連作小説。

著者等紹介

秦建日子[ハタタケヒコ]
小説家・脚本家・演出家。1968年生まれ。97年より専業の作家活動。2004年、『推理小説』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

146
読みやすい連作短編集。脚本家の方が執筆されたので、分かりやすいということがあるかも知れない。様々な日常を不器用に生きる人々。読者は彼等に自身を重ねる。作者のメッセージ、人生は間違えられるから素晴らしい、何が起きるか最後まで分からないに共感するのだ。実際、私の人生も間違いばかりだし、間違えない人などいないだろう。それでも生きていく。それにこの先悪いことばかりでも、良いことばかりでもないだろう。読みやすいだけに、メッセージが読者によく伝わる作品だと思う。シンプルで読みやすく当たり前の事に気づかせてくれる作品。2018/04/29

びす男

91
ニューカレドニアという島が、5つの短編の鍵を握っている。表題はその島の気候を表している■別々に見える物語が、読み進めると関連し合っている。仕事以外が似合わない男性、仕事をつかみ損ねたシナリオ作家、婚約相手と別れた女性…。共通しているのは、どの主人公も何かに失敗している点だ■物語は彼らの失敗から始まるが、ハッピーエンドに収まる。激しい雨の後に、からりと晴れる空のように■「人生は、間違えられるからこそ素晴らしいんだ」。表紙の絵ような景色が見られるなら、雨が降るのも悪くない。そう思わせてくれる一冊だった。2017/11/10

とろこ

81
連作短編集。どの話でも、登場人物は一所懸命に生きている。ただ、皆、少し不器用だ。それ故に、周囲から浮いてしまったり、恋に行き詰まったり、人生に疑問を持ったりしてしまう。だが、人との出逢いや再会、新しいことへの挑戦などを通して折り合いをつけてゆく。さらりと読みやすく、2話目の「犯人は、ニューカレドニア」では笑ってしまった。人生、思い通りにゆかないことも多いけれど、時には、一歩前へ踏み出す勇気が必要なのかもしれない。雨も、常にザーッと降ってからりと晴れるとは限らないけれど、からりとした気持ちで生きてゆきたい。2018/07/16

佐島楓

73
最初から突っ走るわけではなく、だんだん物語のつながりが見えてきて、いいせりふが出てきて・・・読み終わったとき、本当に陽が射してきたのを見た気がした。2017/06/07

future4227

61
ニューカレドニアをキーワードに、自分の生き方を模索する人々が織り成す連作短編集。それぞれの話にチラッと出てくる人が別の話で主人公になり、読み進めるにつれて少しずついろんな人が結び付いていく。誰だって自分の人生に疑問を感じる、ふとした瞬間があるはず。その時に今までの人生をかなぐり捨てて、大きな一歩を踏み出せるかどうか…その勇気を与えてくれるニューカレドニア。南国のスコールのように悲しいときは思いっきり泣いて、あとはすきっり晴れやかに生きていこう。そんな夢と希望を与えてくれる天国に一番近い島。2018/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11910675
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。