河出文庫<br> 少年愛の美学―A感覚とV感覚

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
少年愛の美学―A感覚とV感覚

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月23日 11時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 489p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309415147
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

永遠に美少年なるもの、A感覚、ヒップへの憧憬…タルホ的ノスタルジーの源泉。恩田陸、長野まゆみ、星野智幸各氏絶賛シリーズ第2弾

稲垣 足穂[イナガキ タルホ]
1900-1977 大阪生まれ。キカイ、飛行機、星月を愛し、宇宙論、A感覚を語る「エッセイ的小説、小説的エッセイ」は三島由紀夫をして「昭和文学のもっとも微妙な花の一つ」と言わしめた。

内容説明

永遠に美少年なるもの、A感覚、ヒップへの憧憬はタルホにとって真の自由の希求にほかならず、ヒコーキや宇宙へとつながるタルホ的ノスタルジーの源泉でもあった。表題作は、少年愛に関する古今東西の実例や文献を渉猟し、性愛論にとどまらないA感覚の形而上学に独自の美学をうちたてた記念碑的集大成である。その入門編ともいうべき三篇を併録。恩田陸、長野まゆみ、星野智幸各氏推薦!「21世紀タルホスコープ」第2弾。

目次

1 A感覚とV感覚(澄江堂河童談義;A感覚とV感覚;異物と滑翔)
2 『少年愛の美学』(幼少年的ヒップナイド;A感覚の抽象化;高野六十那智八十)

著者等紹介

稲垣足穂[イナガキタルホ]
1900年‐1977年。大阪生まれ。佐藤春夫に“一千一秒物語”を送って知遇を得、横光利一にも評価されるが、佐藤と袂を分かって文壇を離れ、放浪生活に入る。のちに三島由紀夫、澁澤龍彦らによって再評価され、その後も作家をはじめ熱狂的愛読者が多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。