河出文庫<br> 感じることば

個数:

河出文庫
感じることば

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年04月15日 13時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 205p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309414621
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

日本語の音の表情に隠された「意味」ではまとめきれない「情緒」のかたち。その秘密を、科学で切り分け感性でひらくエッセイ。

黒川 伊保子[クロカワ イホコ]
大学卒業後、AI(人工知能)開発に携わる。語感の正体が「言葉の発音の身体感覚」であることを発見し、AI分析の手法を用いて語感分析法「サブリミナル・インプレッション導出法」を開発。感性分析の第一人者。

内容説明

なぜ、あの「ことば」が私を癒すのか。どうして、あの「ことば」に傷ついたのか。日本語の音の表情に隠された、「意味」ではまとめきれない「情緒」のかたち。その秘密を科学で切り分け感性でひらくエッセイ。恋の最中で綴られた切なくも色彩豊かな筆致は、私たちの恋情を掻き立て、愛する人との関係を進化させ、より幸福な人生へと導いてくれる。

目次

第1部 家族の風景(家族の絆をつくるもの;とやかく言われたくない?;すべての男の母になる;ベルサイユの花;子育ての掟 ほか)
第2部 恋の情景(思いの科学;幸福な質問;刹那の奇跡;穏やかな予感;少年たちの夏 ほか)

著者等紹介

黒川伊保子[クロカワイホコ]
1959年、長野県生まれ。奈良女子大学理学部物理学科卒業。株式会社感性リサーチ代表取締役。メーカーで人工知能の研究に従事した後、世界初の語感分析法を開発。マーケティング分野に新境地を拓く感性分析の第一人者となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カピバラ

31
読みやすく、面白いエッセイだった。「すべての男の母になる」と「子育ての掟」の章が特に気に入った。あと、アサイチのイノッチの話も良かった。2016/07/16

ばんだねいっぺい

29
 黒川さんって感性がこまやかで、凄い文章を書くなぁと感心する。「ヒ」が「火」なのも「7」が特別な数字なも身体が決めていると思うと不思議だ。頭と身体が分離し過ぎの「頭でっかち」をもう少し良くしたい。2018/01/11

19
今の日本語は、やまとことばとカタカナ語が複雑に混在する。それは決して「衰退」ではなく、その分だけ表現できる語感も増え「豊か」になっている。そう考えると、書くことも話すことも、より大切にしたくなる▼読み終えて、私は対話を通して、闇の中で自我を浮き彫りにしているのだと感じた。どう彫るかは自分次第だけれど、手元を照らしてくれるのは他者の存在という光だ▼「<嬉しい>と<楽しい>の違いは?」「<好き>と<愛してる>の違いは?」...そんなささやかな興味本位でも、より多くの人に読まれてほしい言語哲学。2020/03/23

みっちゃんondrums

16
エッセイ。「女は、ことばで満たされる。思い知れ、男たち。」という帯に惹かれたけれど、期待したほどのインパクトはなかったかな。「好き」は、今現在の状態を表す言葉で、「愛する」は、未来も好きでいるという能動的な意志を表す言葉だという。確かに。筆者ができ過ぎた女性で、ちょっと良い子的な感じがした。職場の男に対しては母になってしまえばやりやすいとか。2016/07/31

友蔵

12
不思議な感覚を持ちながら読みました。男性脳で女性脳を読んでいるからなのだろうか?しかしながら、なんと心地よいのだろう。。2016/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11067586
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。