河出文庫<br> 暴力の哲学

個数:
電子版価格
¥1,056
  • 電書あり

河出文庫
暴力の哲学

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年04月16日 17時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309414317
  • NDC分類 361.3
  • Cコード C0110

出版社内容情報

人はなぜ暴力を憎みながらもそれに魅せられるのか。歴史的な暴力論を検証しながら、この時代の暴力を考える、いまこそ必要な名著。

内容説明

暴力は生と政治にどうかかわるのか。ファノン、アレント、ベンヤミンなどの暴力論とガンディー、ブラック・パンサーなどの実践を総括するなから暴力と非暴力を根底から考察し、それらをこえる反暴力をラディカルに構想する名著をアップデートして復活。この時代の新たな戦争/暴力に向かうための激烈なる思考。

目次

第1部 暴力と非暴力(暴力という問題の浮上;暴力と非暴力;敵対性について)
第2部 反暴力の地平 主権、セキュリティ、防御(セキュリティ―恐怖と暴力;防御と暴力―「ポスト人民戦争」の政治?)
補論 ヘンリー・デイヴィッド・ソローと「市民的不服従」について

著者等紹介

酒井隆史[サカイタカシ]
1965年生れ。社会思想。『通天閣 新・日本資本主義発達史』でサントリー学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

白義

20
暴力はいけないことだ、と誰もがいう。しかし、暴力はいけないことだ、という言葉は必然的に、だから暴力を振るうものに暴力を振るっていい、とか、暴力に訴える弱者は愚かだ、という抑圧の論理にもなりえる。暴力はいけないという思考停止を乗り越えて現代の暴力の諸相を分析する労作。テロリズムの分析で、テロリズムの生み出す恐怖を権力側は更に利用してその権力を増大させる、という分析は鋭い。恐怖が膨れ上がり、事なかれ主義的なシニシズムが支配する世界に反暴力という暴力の可能性を模索するスリリングな一冊だ。危うさはあるが必読だろう2019/01/15

ネムル

14
こちらの知識不足か上手く内容を読み取れない点もあるのだが、いまの世の生きにくさと気持ち悪さが明瞭になる。良書。特に擬似非暴力社会を脱し、暴力/非暴力について考える/話し合うことが、暴力/生きる力の肯定を取り戻すことになる、という点で非常に有意義な読書だった。暴力はいけませんという毒にも薬にもならない金言で人民から巧妙に牙を抜く構図と、主権による暴力の独占、不可視な非暴力の具現化と後に消滅するものとしての暴力/反暴力の試みなどを興味深く読む。2018/05/22

耳クソ

12
ブックガイドとしてなら多少は有用だが、マジでやるなら、もう勝手にしなさい。私は寝る。2024/01/22

よきし

11
暴力の拒絶はかえって暴力を呼び込んでしまう、という問いから始まる暴力論。けっこう難しかったが、本当に刺激的な議論が展開され、暴力の構造、暴走、非暴力を制度に回収させないための反暴力という地平という視点まで含めて、大いに学びのある本だった。すぐに2周目に入りたいほど。ソローについての補論もよかった。生きるということが暴力からは逃れられないということをきちんと認めた上で、サパティスタが提示したように、アナキズム的に制度的暴力を解体していく方法を今こそ真剣に取り組んでいく必要があると痛感する。2023/03/27

しゅん

11
暴力/非暴力という二元論を解体し、権力に抵抗していくための力として「暴力」を捉え直す。ガンジー・キング牧師・マルコムXの非暴力運動も、行動によって敵対性を意識させるという「暴力」的な力があったからこそ意味があった。「暴力反対」という言葉の浅はかさを突きながら、ファノンやベンヤミンなどより深い暴力論の森へと誘うガイドの役割も果たす、バランスの優れた良書。特に、セキュリティ過剰状況の分析には唸らされた。以前は分離していた「恐怖」と「不安」が一つに結びついているという指摘には納得する他ない。2017/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10127069
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。