河出文庫<br> カンバセイション・ピース

個数:

河出文庫
カンバセイション・ピース

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月26日 13時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 476p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309414225
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

去年の冬から、私は築五十年の世田谷の家で暮らしはじめた――いま、私たちは「世界」を体感する。日本文学の傑作にして著者代表作。

【著者紹介】
1956年、山梨県生まれ。93年『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、95年『この人の閾』で芥川賞、97年『季節の記憶』で谷崎潤一郎賞と平林たい子賞、2013年『未明の闘争』で野間文芸賞を受賞。

内容説明

小説家の私が妻と三匹の猫と住みはじめた築五十年の世田谷の家。そこに暮らす人々の音や交錯する視線に誘われるように立ち上がる家の記憶は、やがて生と死、過去と現在を溶かした壮大な交響曲となり、いま私たちは“世界の深層”を体感する。日本文学の傑作にして、著者代表作。

著者等紹介

保坂和志[ホサカカズシ]
1956年、山梨県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。93年『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、95年『この人の閾』で芥川賞、97年『季節の記憶』で谷崎潤一郎賞と平林たい子賞、2013年『未明の闘争』で野間文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

48
穏やかな時間が流れているのを感じました。賑やかでゆったりとした日々。その中でかつての記憶が出てくるのがほっこりします。過去と現在が通じる「時」を主人公にした作品なのですね。2022/09/12

佐島楓

47
猫好きの大人におすすめしたい作品。こういう本は昔を振り返るだけの余裕のある人でないと楽しめないだろう。2016/03/20

きょちょ

23
子供の頃に住んだことのある家に、大人になってから再度住むことになった主人公。 昔と今、その家に住んでいた人をうまく交錯させながら、「人間の感性」を描く。 保坂作品らしく、主人公はいろいろなことを(私は絶対そこまで考える事のないテーマに)あれこれ考える。けれど主人公自身関心がないことは実にあっさり片づけてしまう・・・。 ん~、それってどうかなぁ・・・。 家の庭の木々をここまで細かく描かれて、これを楽しめる読者は偉いと思う。 横浜ベイスターズの選手それぞれの応援歌、私は読むだけで赤面してしまう。 ★2016/11/21

mm

17
人間は神というものを考えだしたけど、その神に出来ることへのイメージが、人間の可能性を越えるという事はないだろう。認識や知覚の限界を超えたことなどそんなもの考えられないのだから。。というこの小説の中の本のささやかな一点を取り上げても、実にしみじみするもんだ。ローズの引退、白血病の猫、猫の言葉の理解の仕方、過去の記憶の合成のされ方、その他実に色んな私の感じたことを、私は誰かに喋ってみたいと思うのだ。それはどこかに行き着いたり、わかった気になったり、同意を求めるためではなく、あくまでもピースを並べてみたいのだ。2022/03/26

モーモー

16
築50年超の家には、住んだ人の記憶が残っていれる。今ではすっかり見ることがなくなった大家族と猫3匹のはなし。家で聞こえる音や人の気持ちが交差する。 淡々とすすみながら、読んでしまう内容でした。 ちょいちょい入るベイスターズの選手の話が地味に面白い2023/11/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10029669
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。