• ポイントキャンペーン

河出文庫
夫婦の散歩道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 217p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309414188
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

吉村昭と歩んだ五十余年。人生の哀歓を分かち合った夫婦の歳月を描く感動のエッセイ。巻末に「自分らしく逝った夫・吉村昭」を収録。

【著者紹介】
1928年福井県生れ。学習院短期大学部卒。53年吉村昭と結婚。芥川賞、女流文学賞、芸術選奨文部大臣賞、川端康成文学賞、菊池寛賞を受賞。著書に『遍路みち』『紅梅』『夫婦の散歩道』『似ない者夫婦』等。

内容説明

夕暮れの公園、書斎の窓、旅の空。喜びと悲しみのはざまに、夫の姿が蘇る―。吉村昭と歩んだ五十余年の歳月、思い出の旅路、懐かしき人々。作家として妻として、人生の哀歓をたおやかに描き出す感動のエッセイ集。吉村司「母のウィンク」、巻末に「自分らしく逝った夫・吉村昭」を収録。

目次

1 夫婦の歳月(二人の散歩道;しあわせ教 ほか)
2 記憶の旅路(ひたむきな取材;異国文化の味 ほか)
3 思い出深き人々(大きな手―八木義徳;十七音の風景―鈴木真砂女 ほか)
4 愛すべき故郷(神と紙の祭を訪ねて;福井県に代って ほか)
5 家族とともに(戦艦ミズーリと、武蔵;越後のたより ほか)

著者等紹介

津村節子[ツムラセツコ]
1928年、福井県生まれ。学習院女子短期大学卒業。53年、吉村昭と結婚。65年「玩具」で芥川賞、90年『流星雨』で女流文学賞、98年『智恵子飛ぶ』で芸術選奨文部大臣賞、2011年「異郷」で川端康成文学賞を受賞。同年、菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件