河出文庫<br> 日本の童貞

個数:
電子版価格 ¥874
  • 電書あり

河出文庫
日本の童貞

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月25日 20時30分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 292p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309413815
  • NDC分類 367.9

内容説明

一九二〇年代、童貞は日本男子の美徳だった!「カッコいい」から「恥ずかしい」へ―近代から現代において、童貞のイメージはどのように変化してきたのか。気鋭の社会学者が、童貞にまつわる言説を丁寧に読み解き、男性のセクシュアリティの変化を探る。童貞で読み解く日本の社会史!

目次

第1章 「新妻にささげる贈り物」としての童貞―一九二〇年代の学生たち
第2章 童貞のススメ―男の性の問題化と医療化
第3章 貞操の男女平等の暗面―「花柳病男子拒婚同盟」への反応
第4章 女の童貞、男の童貞―「童貞」という言葉の変遷
第5章 「恥ずかしいもの」としての童貞―戦後の雑誌言説
第6章 シロウト童貞というカテゴリー―「恋愛の自由市場」の一側面
第7章 「やらはた」の誕生―童貞喪失年齢の規範化
第8章 マザコン・包茎・インポ―童貞の病理化
第9章 「童貞は見てわかる」―童貞の可視化
第10章 童貞の復権?

著者紹介

澁谷知美[シブヤトモミ]
1972年、大阪市生まれ。社会学者、東京経済大学准教授。専門は男性のセクシュアリティの社会史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

かつて「童貞」が、男子の美徳とされた時代があった!? 男子の貞操から「キモい」へ――童貞から読みとく《ニッポンの性》社会史。

【著者紹介】
1972年生まれ。社会学者。著書に『立身出世と下半身ーー男子学生の性的身体の管理の歴史』(洛北出版)、『平成オトコ塾ーー悩める男子のための全6章』(筑摩書房)、共著に『性的なことば』(講談社)など。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件