河出文庫<br> 想像ラジオ

個数:
電子版価格
¥495
  • 電書あり

河出文庫
想像ラジオ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月19日 07時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 215p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309413457
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

東日本大震災を背景に、生者と死者の新たな関係を描き出しベストセラーとなった著者代表作。野間文芸新人賞受賞。

【著者紹介】
1961年生れ。出版社の編集を経て、音楽や舞台、テレビなどでも活躍。88年『ノーライフキング』でデビュー。99年『ボタニカル・ライフ』で講談社エッセイ賞、2013年『想像ラジオ』で野間文芸新人賞を受賞。

内容説明

深夜二時四十六分。海沿いの小さな町を見下ろす杉の木のてっぺんから、「想像」という電波を使って「あなたの想像力の中」だけで聴こえるという、ラジオ番組のオンエアを始めたDJアーク。その理由は―東日本大震災を背景に、生者と死者の新たな関係を描き出しベストセラーとなった著者代表作。

著者等紹介

いとうせいこう[イトウセイコウ]
1961年、東京生まれ。早稲田大学法学部卒業後、出版社の編集を経て、音楽や舞台、テレビなどの分野でも活躍。88年『ノーライフキング』で作家デビュー。99年『ボタニカル・ライフ』で第15回講談社エッセイ賞、2013年『想像ラジオ』で第35回野間文芸新人賞、第2回静岡書店大賞(小説部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

290
東日本大震災を背景に、死者と生者の関係を描き出す。震災とは関係ないが、社会人3年目で自死してしまった同期を思い出した。彼のことは忘れたことはない。当日の夜に電話で事実を知らされた。一瞬、悪い冗談かと思った。しかしそんな冗談はあり得ない。葬儀の日に現実を思い知った。彼の行動を察知出来なかった私は人との距離感の取り方が分からなくなった。彼のことは胸から消えることはない。いま思うことは大事な人としっかり向き合うこと。今日と同じ日常が再び訪れるとは限らない。毎日を大事に生きる。その当たり前の事実を再び思いだした。2016/04/01

こーた

215
ラジオなのである。良くも悪くも。ライターの武田砂鉄さんが以前どこかで、ラジオは真剣に聴いてるひともいれば、途中から聴きはじめたひと、さらにはほんとは別の番組を聴きたいのに、たまたま換えるタイミングを失って(運転中とかで)聴きたくもないのに掛かっているから仕方なく聴いてる、というひとまでいて、そういうひとたちに向けてもしゃべっている、というようなことを書いていたけれど、この小説にはそんなラジオの特性がじつによく著されているとおもう。それがはたして小説という媒体と合ってるかは疑わしいけれど。⇒2020/11/07

あきら

193
背景があまりにも大きすぎるから、読むのも感想書くのも躊躇っていたけど、読んでよかった。読めてよかった。 物語自体の構成や着想も素晴らしいと思う。 ちょっとずれてるかもしれないけど、確か有名な映画で「心の中の音楽だけは誰にも消せない」みたいなニュアンスのフレーズがあって、それを思い出しました。2021/03/26

おしゃべりメガネ

189
残念ながら、最後の最後までよくわからない作品でした。わかる、わからないではなく、雰囲気を味わう作品なんでしょうが、それにしてもなんともいえない作風でした。単純にいって自分には合わなかったんだなぁと。読むタイミングもあるでしょうが、きっといつ読んでも合わない作品は少なからず存在するワケでして、本作は自分にとって、残念ながらそういうトコに位置づけされてしまいます。自分の読み込みが浅いせいか、どうして本作が雑誌「ダ・ヴィンチ」の2013プラチナ本や、2014本屋大賞候補作なのか、申し訳ありませんが「??」です。2015/02/24

佐々陽太朗(K.Tsubota)

166
私はあちら側の人間ではない。私には想像ラジオが聞こえない。2011年3月11日の翌日、私は瀬戸内の穏やかな海をみながら島々を巡っていた。彼の地ではあれほどの惨状であったにもかかわらず・・・である。まったく無関心であったわけではない。あれほどの地異であれば、いかに縁もゆかりもないといっても心に重くのしかかる。私のとったのんびりとした行為は、私に意味もなく罪悪感をもたらした。そうではあっても、私はこちら側の人間なのだ。私には想像ラジオが聞こえない。 2015/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9280541
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。