河出文庫<br> おしかくさま

個数:
電子版価格 ¥649
  • 電書あり

河出文庫
おしかくさま

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月18日 15時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 177p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309413334
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

バツイチで先行きが不安なミナミ。彼女はおしかくさまというお金の神様を信じる女達に出会い、その正体を追うが!? 文藝賞受賞作。

【著者紹介】
1960年生まれ。兵庫県神戸市出身、現在長崎県五島市在住。著書として『競馬の国のアリス』『お洋服はうれしい』といった競馬・ファッションに関するエッセイなどがある。筑波大学卒。『おしかくさま』で第49回文藝賞を受賞。

内容説明

夫の浮気がきっかけで、専業主婦から金欠バツイチになった49歳のミナミ。ある日ミナミは、おしかくさまという“お金の神様”を信じる女たちと出会う。ATMのお社にお参りし、「無紋のおふだ」を財布に入れて、小金を増やす女たち。やがてミナミは、教祖に会うべく、上野動物園に向かうが!?現代日本のお金信仰を問う文藝賞受賞作。

著者等紹介

谷川直子[タニガワナオコ]
1960年、神戸市生まれ。2012年『おしかくさま』で第49回文藝賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆかーん

32
あなたは1万円札を燃やせますか?燃やせないと答えた、そこのあなた!ただの紙切れにお金の価値を植えつけている証拠です。でも人間は、お金が大好きな生き物。こればっかりは致し方ないのかもしれません。「金は天下のまわりもの」という言葉があるように、人生においてお金との関係は切っても切れないものです。でも、お金に執着し過ぎると不幸な人生になること間違えなし!宗教を信じる人のように、お金に対しての信仰力がどんどん肥大化していった人間には、恐怖を感じます。ほどほどの蓄えさえあれば、幸せな生活が送れるはずですよね。2015/04/17

ぐっち

22
薄いし!となめて読み始めたら、改行なしのウツっぽいっモノローグの塊にMP削られた・・・。お金を「おしかくさま」、ATMを「お社」と呼ぶ宗教なんだか、詐欺なんだかに巻き込まれていくバツイチ・ウツ歴あり・仕事なし・49歳のヒロインとその父・妹・母・めいっこたち・・・。途中、震災の扱いにひっかかったり、妹のダンナの物言いにひっかかったりしましたが、最後は何か、良い感じに着地した!キラキラネームの婆さん4人組がたくましくてうらやましいです。2015/12/12

りょうこ

15
タイトルと表紙からもっと軽めの本かと思ったら結構ダーク。お社がATMだったり..東日本大震災に絡めてきたり..薄めの本だったのに読了に少し時間がかかってしまった。何はともあれお金は大事ってことだね!2016/05/11

えいきち☆。

15
なんとも不思議な雰囲気のお話でした。宗教と経済と哲学と…読む角度の違いで違う小説として楽しめます。常識って…普通って…2015/03/11

じぇりい

13
初読み作家さん。お社(ATM)でのお清め、思わずしてしまいそうです。お金の価値を宗教に絡めてあるのが面白い。お金の本質を改めて考えさせられる話でした。2015/03/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9019960

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。