河出文庫<br> 口語訳 遠野物語

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

河出文庫
口語訳 遠野物語

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2021年09月26日 17時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 245p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309413051
  • NDC分類 382.122
  • Cコード C0195

出版社内容情報

今なお語り継がれ読み続けられている不朽の名作『遠野物語』の簡潔な文語文を、わかりやすく味わい深い現代口語文に。丁寧な注釈も。

【著者紹介】
1875(明治8)年、兵庫県に生まれる。東京帝国大学卒業後、農商務省に勤務、貴族院書記官長を経て朝日新聞社に入社。勤務のかたわら全国各地を訪れ、民俗調査を重ねた。民俗学の祖とされる。1962年没。

内容説明

百年の月日を越え、語り継がれ読み続けられている不朽の名作『遠野物語』。柳田国男が言い伝えを採集し流麗な文語でまとめた原文を、今日の読者にわかりやすく味わい深い口語文に。大意をそこなわずに、会話を遠野方言であらわしながら再構成していく冒険的な試み。丁寧な注釈も付す。原典への橋渡しとして。

目次

遠野郷のなりたち
遠野三山
山女の黒髪
笹原の山女
笛吹峠の山人
さらわれた娘(青笹村)
さらわれた娘(上郷村)
寒戸の婆
大谷地の怪
妹のシルマシ〔ほか〕

著者等紹介

柳田国男[ヤナギタクニオ]
1875年、兵庫県生まれ。東京帝国大学卒業後、農商務省に勤務、貴族院書記官長を経て朝日新聞社客員となる。全国各地を訪れて民俗調査を重ね、日本民俗学を確立した。1962年没

佐藤誠輔[サトウセイユウ]
1928年、岩手県遠野市生まれ。岩手県立遠野中学校卒業。遠野市内小学校教諭、教頭、校長として勤めた。現在、遠野物語研究所研究員など

小田富英[オダトミヒデ]
1949年、東京都生まれ。作新学院大学特任教授、『柳田国男全集』編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

キムチ27

50
学生時代読んだ時は文語体ということもあり、面白くないので不消化の極みだった。宮崎氏アニメでもおなじみのように柳田と遠野は民俗学においては これはバイブルに思える。岩手に根っこがあるこの物語だが日本全国に口語の波が伝わり 時を経て人を繋いで新たなファンを作っているように感じる。この本はそんな意味で価値十分。ゆっくり、夜の帳の中で音読すると遠野方言の味わいがふくいくと漂う。作品の語り部が生きた時代は明治中期。狼が、浜には異人が、樵が山を走り、飢饉は頻繁に襲う。ITは無論、文明が夜明けのその時代に想いを馳せる2017/03/12

テツ

33
秋から冬になり夜の時間が長くなったこの時期になると、今の時代には絶滅した筈の怪異譚がほんの少しだけリアルに感じられる気がする。怪談は夏のイベントだとされがちだけれど個人的には不思議な話、不思議な恐ろしい話は秋冬の方が合う気がするな。雪に閉ざされた遠野の風景とそこに佇む美しい雪女の姿が刷り込まれているからなんだろうか。柳田國男が遠野地方で収集した物語を淡々と書き連ねているだけなんだけれど、ときおり凄まじいほどの郷愁に駆られる。不思議だよな。岩手になんて住んだことはないのだけれど。2019/12/04

陽子

33
岩手県、遠野地方の民族昔話。口語訳で注釈も豊富だったから読みやすかった。短編で不思議なお話の数々。残酷なお話もあり。山男、山女、河童、神隠し、座敷わらし、土地神さま、亡霊などが現れて、全編が奇妙な空気が漂う。日本昔話を読んでいるような。しかし、時にグリム童話的でもあり。洋の東西で共通するものを少し感じた。絵本で以前読んだ『ざしきわらし』は『孫座衛門のザシキワラシ』だったが、この話もいくつかのお話に分かれていた。あのお家断絶の祟りの元は「屋敷に現れた蛇を無闇に惨殺した事」だったんだな、と改めて確認した。2019/07/08

ナチュラ

29
柳田國男さんの「遠野物語」を口語で読み易くしたもの。 山の神、座敷わらし、かっぱなどが登場する話だが、おとぎ話ではなく、見た人、体験した人からの口伝えで現在に受けつながれている話。 とても短いものが100話以上詰め込まれている。少し怖いものもあるが、神秘的であり、興味深く、面白い。 遠野に訪れたくなった。2018/03/21

ソングライン

21
明治の後期に柳田国男が文語体で表した物語の口語訳です。遠野に住む青年から聞き取った物語は、山女、山男、河童などの摩訶不思議なものから、実在の人物、家族の不思議な体験まで語られ、まさしく伝承されてきた遠野の歴史を表わしています。2019/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8150316

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。