河出文庫<br> 伊能忠敬―日本を測量した男

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

河出文庫
伊能忠敬―日本を測量した男

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月29日 04時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 270p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309412771
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0193

出版社内容情報

55歳、すでに家督を譲った隠居後に、蝦夷への測量の旅に向かう。初めて日本の正確な地図を作成した晩熟の男の生涯を描く歴史小説。

【著者紹介】
1927年生まれ。美濃部東京都知事秘書などを経て、作家に。著書に『人間の器量』『名将に学ぶ人間学』『近江商人魂』『宮本武蔵』『伊能忠敬』『直江兼続』『立花宗茂』『項羽と劉邦』『戦国武将引き際の継承力』等。

内容説明

緯度一度の正確な長さを知りたい―。忠敬が奥州から蝦夷地にかけての測量の旅に向かったのは、一八〇〇年、すでに家督も譲った五十五歳の春であった。傾きかかった佐原の名家に養子に入って家業を建て直し、隠居後は天文・暦学に精進し、身分の軋轢をはねかえし、初めて日本の正確な地図を作成した晩熟の男の生涯の軌跡。

著者等紹介

童門冬二[ドウモンフユジ]
1927年、東京生まれ。作家。東京都庁職員時代は、知事秘書、広報室長、企画調整局長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

mae.dat

159
謹厳実直。伊能忠敬の仕事っぷりを表現するなら、こうでしょうか。ハイライトは地図作りですが、そこに至るまでの境遇や功績もしっかり著してくれるのは大変ありがたい。天文学に進む過程は、奥さんのお義父さんの口癖が後押しするのもとても面白い。数学の才覚があり、細かな性格が、研究者的な素養を充していたのでしょうね。そして測量の機運が高まるの凄いね。申し合わせたかの様な。話が飛び飛びになったり、話の前後関係がある箇条書きがあったりは、読み難くは無いけど、少し変な気持ちにさせました。2021/03/27

糜竺(びじく)

40
伊能忠敬は江戸時代に足かけ17年かけて日本全土を歩いて測量し、史上初めて日本の正確な形を明らかにした地図を完成させ、しかも、55歳から測量を始めたすごい人です。一応、その事実はなんとなくですが前から知ってはいたんですが、測量を始める前の彼の人生は全然知らなかったので勉強になりました。彼の測量する前は、地元でかなりの業績を残した人であった事は全然知りませんでした。そういった、業績などの積み重ねがあって、第二の人生である測量に打ち込む事が出来た事をこの本は特に訴えていたような気がします。色々学べました。2014/09/23

きいち

37
伊能忠敬の生涯を、今のビジネスマンのロールモデルとしてわかりやすく提示する。光を当てるのは、婿養子として外から入り、商店主・庄屋として実績をあげてきた前半生。そこで培った能力や知識、スキルがのちの地図作りへと活かされていく、その様を丁寧に紹介する。先日読んだ佐原の史家小島一仁の三省堂選書に主に依拠。◇連続性。伊能じしん、佐原での仕事と、旅での測量、そんなに違うものと考えてなかったんじゃなかろうか。宮本常一が民俗学と離島振興を同じ目で取り組んでたように。第二の人生なんて構えて考えないほうがいい、そう読んだ。2017/11/25

えむ女

33
NHK「ステラ」で当選した本。著者の文章は歴史上の人物を現代の生き方やビジネスの教訓に無理やり当てはめたような書き方で楽しくはないのだが、伊能忠敬には興味があったので読んだ。中身はやっぱり説教くさい。2014/06/02

D

17
伊能忠敬の前半生に特に興味を魅かれた。しっかりと自分の周りのやるべきことをやり、地盤を固めて、将来に対しての投資をしっかりやっておく。そして、隠居後に自由な後半生、ライフワークを成し遂げていく。人生のモデルとして、参考にしたい生き方だ。2014/09/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7963911

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。