河出文庫<br> なんとなく、クリスタル (新装版)

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり

河出文庫
なんとなく、クリスタル (新装版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年02月20日 15時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 241p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309412597
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

大学生でモデルの主人公・由利。バブル経済に沸く直前、一九八〇年の東京を「皮膚感覚」で生きる若い女性たちを描き、八〇年代以降の日本人の精神風土、そして「豊かさ」の終焉までを予見。膨大な「注」に彩られ、精緻で批評的な企みに満ちた、文藝賞受賞作。

著者等紹介

田中康夫[タナカヤスオ]
1956年、東京都生まれ。一橋大学法学部卒業。『なんとなく、クリスタル』で80年、文藝賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

1980年東京。大学に通うかたわらモデルを続ける由利。彼女の目から日本社会の豊かさとその終焉を見つめた、永遠の名作。

【著者紹介】
1956年、東京都生まれ。一橋大学法学部卒業。『なんとなく、クリスタル』で80年、文藝賞受賞。主著に『昔みたい』『サースティ』他多数。現在『文藝』で17年ぶりの小説となる『33年後のなんとなく、クリスタル』連載中。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件