河出文庫<br> すいか〈1〉

個数:
電子版価格
¥726
  • 電書あり

河出文庫
すいか〈1〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月30日 15時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309412375
  • NDC分類 912.7
  • Cコード C0193

出版社内容情報

三軒茶屋の下宿で一緒に暮らす女性4人の日常と、3億円を横領し逃走中の主人公の同僚の非日常。向田邦子賞受賞、伝説のドラマ!

【著者紹介】
夫婦脚本家。ドラマ「すいか」で向田邦子賞、「Q10」「しあわせのカタチ~脚本家・木皿泉 創作の“世界”」で2年連続ギャラクシー賞優秀賞。他に「野ブタ。をプロデュース」等。著書『二度寝で番茶』など。

内容説明

「やっと空き室でました。人気のレトロ賃貸物件。ハピネス三茶(朝夕食事付き)」東京・三軒茶屋の下宿を舞台に描かれる、血のつながりのない女性4人のなにげない日常と、3億円を横領して逃走している主人公の同僚の非日常。彼女たちが語る、等身大の言葉が胸をうつ、向田邦子賞受賞の伝説的ドラマ、遂に文庫化!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chantal(シャンタール)

85
レトロな食事付き木造アパートの大家、ゆかと住人の夏子、絆、基子。年齢も職業もバラバラの四人の日常を描くドラマの台本。三億横領して逃げている基子の同僚の馬場ちゃんや母、夏子を慕ってやってくる40代男性の間々田、その間々田の娘の元カレで絆に恋した響一。みんな良い味出してて、ドラマは見ていなかったので、誰がそれぞれの役を演じたのかなあと、想像しながら読むのが楽しかった。一人は気楽だけど、たまにはこんな共同生活もいいかも、と思ってしまう。2021/07/06

ミエル

64
先日ドラマを初見、世界観の余韻に浸りたくて購入。台本形式なので、一つ一つのセリフが重要に意味深にも見えるし、やたらと印象的。読み慣れていない形式に馴染むまでちょっと時間がかかったけれど、こんなメリットがあるとは思いもしなかった(笑) 本音を言えば町の情景が表現できないから残念ではあるんだけれど。三軒茶屋の懐かしい描写が読みたかった。とか言いながら2巻へ。2016/09/16

アマニョッキ

57
ドラマが本当に好きだった。キャスト完璧すぎてほぼ全員覚えている。ハピネス三茶の間取りまで覚えている。でもなにより一番覚えているのは、当時まだ彼氏だった旦那と「すいか面白いよね」と語り合っていたこと。そういうことを覚えていられるドラマって、本当の意味で人の心に残っていると思う。ゆかがエンドレスにアイスの当たり引くシーンがめっちゃ好き。このときの市川実日子のかわいさったら。2019/05/24

とも

56
★★★★ドラマシナリオ。初めシナリオ形式に慣れずに戸惑うものの、個性豊かな登場人物に惹かれる。後半の不穏さが下巻でどのように展開していくのかが楽しみ。2014/05/09

みつ

53
2003年放映のTVドラマのシナリオ(の前半)。題名通りかったるそうな夏の空気の中で読むべき本とは思うが、去年の夏図書館で予約しようとしたら26人待ち。今回はあっさり借りられた。「ハピネス三茶」という小さな古いアパート(賄い付き)に住む、信用金庫職員の基子、双子の片割れをなくした売れない「エロ」漫画家の絆。大学教授の夏子、学生の家主ゆか、さらには基子の同僚で3億円を横領して逃亡生活にはいった馬場チャンが主な登場人物。何度も「煮詰まる」と表現される基子を中心にした緩く、おかしく、それでいて物哀しいドラマ➡️2023/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6996478
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。