河出文庫<br> ポップ中毒者の手記(約10年分)

電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

河出文庫
ポップ中毒者の手記(約10年分)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 497p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309411941
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

1996年刊、初の著書にして、ロング・セラーになったポップ・カルチャー・コラム集。好きだけじゃ終わらずにシーンの中に身を投じながら、細かい気配りが利いた取材をし、濃密なデータ&ユーモアを原稿に詰め込む独特なスタイルで、はっぴいえんどから渋谷系時代のアーティスト、デニス・ホッパー、セルジュ・ゲンスブール、勝新太郎、ディヴィッド・リンチなどを描く。

目次

日本語のアカすり職人たち
街と人が音楽を作る
世界同時渋谷化
リメイク・リモデル、または若いのに巧い人々
パリのアメリカかぶれ
趣味の良いバッド・テイスト
問題オヤジ研究
臭いモノのフタを取る人
文科系男の性的ファンタジー
音楽極道のシノギ
ロック少年の老後

著者等紹介

川勝正幸[カワカツマサユキ]
1956年11月21日、福岡県生まれ。2012年1月31日没。享年55。自らを「ポップ・ウィルスに感染した『ポップ中毒者』」と呼んだエディター/ライター。広告代理店勤務を経て、執筆家/編集者/放送作家として独立。雑誌への寄稿、映画パンフレットの編集、CDジャケットのクリエイティヴ・ディレクションなど、その活動は多岐にわたった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よきし

7
民衆文化を研究しながらポップに弱いとか意味の分からない弱点を持つ僕にはいろいろほほおとか、まったくわからんとか、とにかく刺激的な本でした。これを片手にいろいろ見ていくとまた見えてくるものがあるんだろうな。これを同時代で体感していた人からすれば、すごく残念な奴だろうけど、こういう出会い方もまたひとつと開き直って(笑)。最後の小泉今日子のインタビューで、この川勝さんという方の人となりや愛された人だった感じがビシバシ伝わってきたのがよかったけど、こんな亡くなり方は本当に周りの人もショックだったことだろう。2013/05/16

midnightbluesky

4
無我夢中で渋谷系の映画とか音楽とか雑誌を追いかけていたころが(爆)2017/03/05

はち

4
80年代後半から96年までのサブカルチャー界隈の展望。面白い。悲しいかなこの時代は思春期前なのでほとんど知らないことだらけだったが。この本続編があるし、文庫化予定なのでそっちはより楽しめるはず。解説のキョンキョンの文章が切ない。2013/02/11

サカモトマコト(きょろちゃん)

3
ポップ中毒者を自称する著者による評論、エッセイ集。 映画や音楽の話題が書かれており大変良かったです。 特にボアダムスの山塚アイさんのインタビューが面白かったです。2017/04/20

buy-obey-consume

2
90年代初頭、「世界同時渋谷化現象」はたしかにあった。ヴィンテージ映画の再評価、レア・グルーヴの発掘、過去音源からの夥しいサンプリング(及びスウェディッシュ・ポップやトリップホップ)が活発になったのは、日本だけでなかったことも事実である。ただし、世界はブリットポップやダンス/R&Bなどの隆盛で過去になく市場が大きくなったために、渋谷系のような本来アンダーグラウンドな文化すら水面に上がってきた気がする。この本は、過去のポップカルチャーをふり返り始めた時期があって、その黎明期に活動した人々の青春群像といえる。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5905770

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。