河出文庫<br> 身ぶりとしての抵抗―鶴見俊輔コレクション〈2〉

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
身ぶりとしての抵抗―鶴見俊輔コレクション〈2〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月22日 17時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 492p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309411804
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0110

内容説明

「しゃべるところ以上のところにふみだすことが、しゃべることを保つためにも必要だ。」戦時下の抵抗、ハンセン病の人びととの交流、ベ平連、朝鮮人・韓国人との共生…。さまざまな行動の現場にコミットし続けてきた鶴見俊輔。その思考と身ぶりの軌跡を初めてまとめたコレクション。文庫オリジナル。

目次

1 わたしのなかの根拠(「殺されたくない」を根拠に;遠い記憶としてではなく ほか)
2 日付を帯びた行動(いくつもの太鼓のあいだにもっと見事な調和を;すわりこみまで―反戦の非暴力直接行動 ほか)
3 脱走兵たちの横顔(脱走兵の肖像;ポールののこしたもの ほか)
4 隣人としてのコリアン(詩人と民衆;朝鮮人の登場する小説 ほか)
5 先を行くひとと歩む(コンラッド再考;田中正造―農民の初心をつらぬいた抵抗 ほか)

著者等紹介

鶴見俊輔[ツルミシュンスケ]
1922年生まれ。哲学者。雑誌「思想の科学」発行の中核を担い、ベ平連など社会運動にも携わる。評論も多く、その対象は社会問題から小説、大衆芸術までと幅広い

黒川創[クロカワソウ]
1961年生まれ。作家。十代の頃から「思想の科学」に携わり、鶴見俊輔らとともに編集活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

踊る猫

35
ベトナム戦争から9.11同時多発テロまで、知識人は活動し続ける。決して動きを止めることなく発言を続けて来た彼の姿は、今インターネットが普及し誰もが知識人になり得る時代が訪れたからこそ見習うべきところが多いのでは? 意外と書物の思い出ではなく出会った人々の思い出が開陳されているところも興味深い。つまり、殻に閉じこもることを良しとしなかったというわけだ。それ故に限界を孕んでいるとも受け取れるが(流石に時事的な話題は風化している)、ここまで動き時代を見据えたのはグレート。辺見庸の姿勢を思い出した。ジャーナリスト2019/10/25

みねたか@

34
鶴見氏の社会行動や市民運動への参加とその考え方を中心に編纂された巻。安保,ベトナム反戦,脱走兵支援,在日朝鮮人やハンセン病者の権利擁護,鶴見氏がかかわった領域の幅広さを知る。「知識と感覚と行動」の統合。実行の方向にふみだすことが大切という考え方。生活に根差した行動,自らの自然な感情に基づく行動に結びついてこその理論。根底にある「殺したくない,人の手助けをしたい。」という思いが随所に見える。この思いを実践に結びつけ,自らの拠り所を問い続けた姿勢に驚かされる。2020/01/27

フム

21
「戦争に反対する何の行動も起こせなかった、しようと思っても指一本あがらなかった。」それが筆者の記憶だ。戦争に対する絶望感よりも、自分に対する絶望の方が深かったと。その記憶が、戦後の数々の行動に結びついたことはまちがいない。指一本動かすためにも「精神のバネ」が必要だ。もう一度あのように体がすくまないように、知識と感覚と行動とをつなぐ回路を自分の中に設計しておく。理論だけでは戦争反対の姿勢を長時間支えることはできない。べ平連、安保闘争、らい予防法廃止運動、様々な活動が生活の中に根をもってこそだ。2019/09/05

秋 眉雄

20
黒川創さんが編集した鶴見俊輔コレクションの2冊目。タイトル通りの一冊。『わたしのなかの根拠』『日付を帯びた行動』『脱走兵たちの横顔』『隣人としてのコリアン』『先を行くひとと歩む』。2019年、最も大きな収穫のひとつは鶴見さんという存在にようやく気がつき、ゆっくりと対峙し始めることが出来そうだと思ったことでした。2019/12/15

fonfon

12
黒川創の手による鶴見俊輔第2弾。「滅びの支度」といっていい作品が続くが、これは、鶴見さんの社会的活動に特化したもの。「退行をゆるさない文明とは、果たして何か」。10年ほど前に金芝河を京都に呼んで講演されたときも、「退行」計画を離されていたが。。川上弘美の解説がとてもいいです。2012/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5461830

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。