河出文庫<br> 三日月少年の秘密

個数:
電子版価格 ¥440
  • 電書あり

河出文庫
三日月少年の秘密

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2022年01月23日 15時36分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 171p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309409290
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

夏の夜届いた“少年電気曲馬団”への招待状に誘われ、ぼくはお台場へと向かっていた。しかし、遊覧船は知らぬまに“日付変更線”を超え、船で出会った紺という名の少年と二人、時をスリップしてしまう。やがてぼくらは、東京タワァ完成祝いの点灯式を見にいくのだが…単行本を大幅改稿。空中電氣式人形の秘密が、今明らかに。

著者等紹介

長野まゆみ[ナガノマユミ]
1959年、東京都生まれ。88年「少年アリス」で第25回文藝賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mayu

75
夏の夜に届いたのは、少年電気曲馬団の招待状。パールホワイトの紙に銀ながしの封筒、見知らぬ国の紅い切手。これだけでもなんだかわくわくする。遊覧船に乗ってお台場に向かったはずが、日付変更線を超えてたどり着いたのは、東京タワー完成間近のレトロな東京。だけど、話に聞く昭和な東京とは違い、町全体にキラキラしたときめきと不思議があふれている。「三日月少年漂流記」が失った三日月少年を探す旅だとしたら、こちらは三日月少年側から見た冒険のお話。ノスタルジックと幻想の長野さんワールドを楽しんだ。2021/04/29

13
わたしには秘密は解けることなく読み終えましたが、好きな空気でした。附録で少しわかった気がしますが。三日月少年、不思議な自動人形です。昔の東京の描写も素敵でした。2014/09/03

まゆら

13
長野作品に度々登場する三日月少年を軸としたお話。三日月少年とは電気式の自動人形で本物の人間と見分けがつかない程精巧に出来た少年人形である。いくつか見分け方のポイントがあるそうで洋服のボタンが留めれないだとかコップを逆手で持つなどの特徴が詳しく書かれていて面白い。舞台設定として、大正時代の浅草十二階や昭和中期の東京タワーの点灯式を見に行ったり、時代背景を感じて楽しいです。話の筋を追うより雰囲気を楽しむ方が向いてる本だと思います。2013/11/12

11
自動人形である三日月少年の世界は好きです。最先端でいて、レトロ。ミステリアスな「かばんの秘密篇」が好みでした。2021/05/21

芙蓉

8
再読。中学生くらいに読んだ。初期の長野まゆみ作品。三日月少年という自動人形たちのお話。《チョコレエトボンボンの真の効能を知るにはまだ数年早いと申し上げておきましょう。自らの口に入れているうちは、ひよっこというわけであります》2016/06/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/575206

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。