河出文庫<br> 親指Pの修業時代〈上〉 (新装版)

個数:

河出文庫
親指Pの修業時代〈上〉 (新装版)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月04日 14時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 365p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309407920
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

どこにでもいる無邪気で平凡な女子大生、一実。自殺した親友の四十九日の翌日、眠りから目覚めると、彼女の右足の親指はペニスになっていた。突然現れた親指Pに困惑し、揺れ動く人々。そして無垢だった一実にも徐々に変化が訪れ―。驚くべき奇想とユーモラスな語り口で大ベストセラーとなったあの衝撃の作品が、待望の新装版に。

著者等紹介

松浦理英子[マツウラリエコ]
1958年、愛媛県生まれ。85年『葬儀の日』で第47回文学界新人賞を受賞し、デビュー。94年、『親指Pの修業時代』で女流文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アマニョッキ

67
やばい。どえらい。面白すぎてのけぞる。ある日突然右足の親指がペニスになってしまった女性の、いわば自己開拓物語。そう、親指PのPはペニスのP。性別なんてカテゴリーがそもそも必要なのか、人間のアイデンティティーを決定するものはなんなのか。LGBTなんて言葉もなかったであろう20年以上前の松浦さんの脳内に、まだまだ現代は置いていかれてる感じ。ちなみに読んだのはこの表紙ではなくひとつ前のやつ。そっちのほうが好き。最後に胡散臭げな新興宗教団体も登場してきて、下巻も期待高まる一方!やばい。ノンストップわくわく。2018/02/09

ちょこまーぶる

46
何とも不思議な世界に誘ってくれる一冊でした。女性の右足の親指が男性器になってしまって、普通の男性と同様な機能をもっていているという話なんですが、そんな身体の変調を持つ女性が様々な恋愛模様を経験し葛藤していくというような上巻でした。彼女の身体の特徴を知ってからの行動に変化を見せる人などもいたりして、、読み進めていくにしたがって、この本はある種の問題をしっかりと問題提起をしている気がして、流し読みはできない感じがヒシヒシと伝わってきました。それにしても、性描写場面が多いので、通勤電車で読みには向いてないかも。2015/02/09

TATA

30
親指Pってそういう意味なんだ。設定があまりにどぎついのだけどそれを乗り越えればスンナリと作品に入っていけるこの摩訶不思議感(笑)。日常の外側、裏側にある性愛に触れながら徐々に自分を成長させていく主人公。あーなるほど、これは広大なジェンダーの地平を語りながらの修行なんだ。と考えればあまりに時代を先取りした作品だったのかな。でも、これ映画化はムリだよね。2019/11/05

さゆ

16
松浦さんの本は何年か前に『犬身』を読んだことがある。その時も思ったけれど、読みやすい語り口の割には中身は壮絶。ことに「フラワーショー」に同行するようになってからは私の想像を絶する壮絶さ。下巻まではたして辿りつけるだろうか・・・2010/11/30

15
読友さんのレビューでめちゃくちゃ気になって取り寄せた本。右足の親指が突然Pになってしまった女の子が、性について、恋愛について、友情について、様々な疑問をもちつつ、それに拘泥せず激動の環境に身を任せながら成長していく物語である。私は、決してこの感想文の中で、Pについて、Pがペニスを指すのだとは言わないつもりだ。あ、言っちゃった。足の親指が突然ペニスになった女性だなんて、なんでこんな発想ができるんだろう?作者は頭の中どうなっちゃってんの?もうその才能に嫉妬。このまま下巻へGO!!2018/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/537253

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。