河出文庫
島久平名作選 5-1=4―本格ミステリコレクション〈5〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 595p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309406398
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

喫茶店の中で男を射殺して逃げ去った犯人。意外なその行方とは(「街の殺人事件」)。白昼堂々、事務所で弁護士が殺害される。犯人は伝法探偵を含む五人の客の中に…(「5-1=4」)。元刑事で人情に厚い伝法義太郎探偵が、さまざまなトリックに挑む傑作事件簿、ついに刊行!幻の新聞連載中篇二作を加えた全18篇を一挙に収録。

著者等紹介

島久平[シマキュウヘイ]
1911年、大阪市生れ。47年に設立された関西探偵作家クラブの創立メンバーの一人。48年、「街の殺人事件」でデビュー。同年、「夕刊岡山」の探偵小説募集に中篇「悪魔の手」が入選する。50年、「宝石」の懸賞募集に投じた長篇「硝子の家」が第三席に入選。以後、自動車会社に勤務の傍らトリッキーな短篇を次々と発表。後にアクションものやスポーツ推理にも作風を広げた。83年没

日下三蔵[クサカサンゾウ]
1968年、神奈川県生まれ。ミステリ研究家、フリー編集者
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紅はこべ

9
最近メルカトル鮎の短編集に困惑させられたばかりだったので、こういう古風だが、ちゃんと落ちのつく本格はホッとする。ただ伝法義太郎探偵も、金持ちの依頼人からは依頼料はきちんと取り立て、殺人を予想できても防ぐとは限らないのは、メルカトルと似ている。男女間の愛憎に絡んだ事件が多い。ストーカーって昔からいたんだな。2015/04/16

はまちゃん

3
昭和時代に関西方面で活躍した推理小説家 島久平氏の短編集。「〇〇の殺人事件」シリーズの短編5作と他13作が衆力されている。ほとんどの作品で活躍するのが探偵が伝法義太郎であり、ドライなようで情に厚い、「いかにも昭和の探偵!」という感じである。現代では成り立たないような犯罪もあるが、ほとんど気にせずに読むことができた。「雁行くや」と「犯罪の握手」、「女人三重奏」が好み。2018/07/28

kanamori

0
☆☆☆2012/10/15

東森久利斗

0
ノスタルジーとエネルギー。戦後、日本の復興と探偵小説の蜜月時代の足跡、象徴。関西弁の登場しない大阪舞台の物語、最大のミステリー。違和感はないけど・・・2013/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21226

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。