カラー図解 楽器から見るオーケストラの世界 (新装版)

個数:

カラー図解 楽器から見るオーケストラの世界 (新装版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月16日 17時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309291390
  • NDC分類 764.3
  • Cコード C0073

出版社内容情報

ヴィヴァルディからラヴェルの時代までの編成、名曲の楽器秘話、世界のオーケストラなどを紹介する決定版オーケストラ・ガイド!

内容説明

ヴィヴァルディやラヴェルの時代の編成、名曲で使われている楽器秘話、世界のオーケストラの特長と独自の使用楽器…楽器から広く深く楽しく知る必携オーケストラガイド!名曲の聴き方が変わる!

目次

序章 オーケストラを知るために(オーケストラとは?;現代の標準配置;現代型対向配置 ほか)
第1章 名曲の編成からオーケストラの歴史を知ろう(ヴィヴァルディの編成―協奏曲集“和声と創意の試み”~春;バッハの編成―“ブランデンブルク協奏曲”第6番;ヘンデルの編成―“王宮の花火の音楽” ほか)
第2章 世界のオーケストラを知ろう(第二次大戦を境にグローバル化した世界各地のオーケストラ;世界のオーケストラ;ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ほか)

著者等紹介

佐伯茂樹[サエキシゲキ]
早稲田大学卒業後、東京藝術大学でトロンボーンを学ぶ。古楽器を中心とした演奏活動を行なう傍ら、多くの音楽雑誌に論文や記事を執筆。東京藝術大学大学院で楽曲と楽器に関する講義を担当。東京藝術大学講師。東京ヒストリカルブラス主宰。2019年逝去。2020年、第32回ミュージック・ペンクラブ音楽賞(クラシック部門功労賞)を贈られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

trazom

85
作曲家や作品のエピソードを適当に紹介するだけのつまらない音楽本が多い中で、佐伯先生の本は、音楽の本質である「楽譜」と「楽器」に徹しているから好きだ。私は、特に管楽器の経験が全くなく、時代や地域によって管楽器がどのように進化してきたかは、先生の本で教えられた。本書では、楽器が作曲家に与えた影響がとてもよくわかる。「なぜ「運命」の冒頭主題にクラリネットが重ねられているか」「「巨人」のEs管クラリネットの意味は」など、なるほどと納得する解説が面白い。先生が一昨年に、58歳の若さで急逝されたことが残念でならない。2021/07/18

Teo

2
私の様に「クラシック音楽は好きだけどそもそも音楽は中学教育迄の素人」にはうってつけの本だった。素晴らしい。確かに現代でよく聴く演奏は現代のオーケストラの楽器による演奏で(古楽器演奏はあるにはある)、それでモーツァルトもベートーヴェンも聴いていた訳だが、当然当時は無かった楽器で演奏されている。それがどう言う段階を踏んでモーツァルトからベートーヴェンからマーラーに至る迄オーケストレーションされて行ったのかが目で分かる内容になっている。弦楽器よりも管楽器が劇的に変わったんだね。2021/06/04

やん

1
楽器の説明はもちろん、時代と共に使われてきた楽器の変遷やオーケストラの構成の説明もある。ありそうでなかった本かもしれない。同じ曲でも古楽器と現代楽器それぞれの録音の紹介もある。読みながら色んな曲が聴きたくなったしCD やDVDも欲しくなった。2022/06/24

leiaikawa

1
勉強用に図書館で借りてきた。楽器から見るとあるが、体感ではどちらかというと時代(を代表する作曲家)ごとの編成の変化や、現在の主な西洋オーケストラの伝統などから見ている感じが強かった。マニアックな楽器なども結構紹介してくれているので、そういうのを勉強したい時に良いかも。2022/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17677575
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。