スパイスの世界へようこそ!―スパイスの基本から秘伝のカレーレシピまで

個数:

スパイスの世界へようこそ!―スパイスの基本から秘伝のカレーレシピまで

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月19日 20時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 128p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784309287997
  • NDC分類 617.6
  • Cコード C0077

出版社内容情報

大人気のスパイスカレーが家庭でも楽しめる!スパイスの紹介から、極上のレシピまで満載の1冊。『スパイス生活』地球丸刊の復刊。

内容説明

スパイスを輸入・販売するインドアメリカン貿易商会の3代目、シャンカール・ノグチがお届けするスパイス&カレー指南書。スパイスについて知り、スパイスでカレーを作りたい人のための情報が満載!香り立つような写真のスパイス図鑑は一見の価値あり!

目次

1 ノグチ家のスパイスライフ(祖父はインドの革命家 祖母は日本のインド料理名人;僕が受け継いだスパイスライフとビジネス ほか)
2 スパイスライフのABC(地図とデータと年表で見るスパイスの世界;スパイスって何!? ほか)
3 スパイス図鑑(クミン;コリアンダー ほか)
4 スパイス混ぜワザ合わせワザ(基本編―ミックススパイスの調合;応用編―ミックススパイス×BBQ)
5 ノグチ家のスパイス料理レシピ(3代目同士のスパイス対談―インド料理の“南北問題”とは?(シャンカール・ノグチ×ナイル善己)
東西南北インド料理マップ ほか)

著者等紹介

シャンカール・ノグチ[シャンカールノグチ]
東京生まれ。米国留学後、インド・パンジャブ地方出身の祖父、L.R.ミグラニ氏が開業したインドアメリカン貿易商会の3代目として、インド食品の輸入やオリジナル商品の開発・販売を手がけ。また、日印混合料理集団「東京スパイス番長」や「カレー将軍」のメンバーとして、インド料理のレシピ開発に携わる。現在は、豪州産羊肉の生産者団体MLAにより「Lambassador(ラムバサダー/ラムPR大使)」に任命され、さまざまな角度からオージー・ラムの魅力を発信している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

活字の旅遊人

38
写真が美しい。スパイス図鑑の章が特に良い。できれば植物そのものの写真も見たかったけど。とりあえず市販のカレールーに何種類かスパイスをまいて煮込むのだけど、やっぱりちゃんとやってみたいなあ。あと、東西南北インド料理マップも優れもの。2021/09/17

たまきら

27
あれ…?先日読んだスパイス生活とほぼ一緒…?逆にどこがちがうか間違え探しをしたくなりました。レシピが少し追加されてるかな…?あっ、おじいさん達の写真が換えてあるとか…?タンドリーウズラのおかげでまた読みたい本が増えたかな。(前の本にあったとしたら気づかなかった…)2021/10/13

藤田武彦

0
スパイスを投入するタイミングが、合理的に説明されていて良い。2020/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15547108

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。