ひとりブタ―談志と生きた二十五年

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 289p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309274560
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0076

内容説明

蜜月の前座時代、葛藤と確執の二ツ目時代、苦難の真打昇進を経て、談志の死に至るまでを語り尽くす。

目次

第1章 入門
第2章 前座騒動記
第3章 二ツ目までの獅子奮迅
第4章 最強の二ツ目より大事なもの
第5章 真打へのロング&ワインディングロード
第6章 笑志から生志へ
第7章 禍福はあざなえる縄の如し
第8章 最後の師匠孝行
第9章 今を生きる

著者等紹介

立川生志[タテカワショウシ]
1963年福岡県生まれ。福岡大学人文学部卒業後、(株)INAXに入社し営業マンとなるが、子供の頃からの夢を叶えるため2年で退社。1988年に立川談志に入門、立川笑志となる。談志も認める陽気な高座は、前座時代から「賞ハンター」の異名を持ち、若手落語家の登竜門と言われる『NHK新人演芸大賞』『にっかん飛切落語会』などで各賞を総なめにした。1997年二ツ目昇進。2008年4月、入門20年目にして立川流真打に昇進、立川生志に改名する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

談志のもとに入門してから、蜜月の前座時代、二ツ目時代の確執と葛藤、苦難の真打昇進を経て、談志の死までをあますところなく語る。

【著者紹介】
1963年福岡県生まれ。会社員を経て、1988年、立川談志に入門、立川笑志となる。2008年、真打昇進と同時に「生志」に改名。各地の独演会などの落語会他、テレビ・ラジオにも出演。受賞歴多数。