現代アートを殺さないために―ソフトな恐怖政治と表現の自由

個数:
電子版価格 ¥2,970
  • 電書あり

現代アートを殺さないために―ソフトな恐怖政治と表現の自由

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月24日 03時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 402p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309256641
  • NDC分類 702.06
  • Cコード C0070

出版社内容情報

トランプ、あいちトリエンナーレ、新型コロナ……『現代アートとは何か』の著者が2020年代の政治とアートの動向を鮮やかに予言!

内容説明

日本が見て見ぬふりをしてきた政治権力と現代アートの関係性。“黄金の便器”作品をめぐるアメリカ大統領と美術館との対決、くすぶりつづける「あいちトリエンナーレ」問題、そしてウィルスと現代アート…『現代アートとは何か』の著者が“政治とアート”に勃発するさまざまな問題をえぐり出す。

目次

1 白い家―トランピズムと米国の文化戦争(黄金の便器スキャンダル;「便器」をつくったアーティスト;公金をめぐる争い)
2 黒い羊―あいちトリエンナーレと「表現の不自由」展(画期的だった国際芸術祭;「不自由展」はなぜ中止になったか;アート界による犯人捜し;天皇制と表現の自由)
3 白いマスク―ポピュリスト政権vs.文化芸術(2014年に起こったふたつの変化;「美しい国」の「深み」の浅さ;第2次安倍政権下の規制)
4 黒い病―感染症とアート表現(リアルとロマンの間に;不可視のものへの関心;「除け者」たちの戦い)
終章 灰色の時代―世界は光を取り戻せるか(日米文化戦争の違い;新型コロナウイルスと現代アート;非接続のすすめ)

著者等紹介

小崎哲哉[オザキテツヤ]
アートプロデューサー/ジャーナリスト。『03』副編集長、『ART iT』および『Realtokyo』編集長を経て、現在『Realkyoto』編集長、京都芸術大学大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Takaaki Sasaki

13
猫町俱楽部の課題本。アメリカのトランプ前政権、あるいは極右的な共和党のヘルムズ上院議員らが芸術活動にどのように介入したか、そして日本のあいちトリエンナーレ「表現の不自由展」安倍前政権の2014年以降右派的ポピュリズムがアートにどのように介入したか、そしてそれらの動きに対してアーティストの側はどのように反応したかを書いている。最後のところでロシアのプッシーライオットの抗議活動が取り上げられているのはうれしかった。彼女たちの活動に対して私が会員となっているアムネスティインターナショナルが支援したからである。2021/05/22

まこ

8
今では古典芸術と言われるものも制作された当時は現代アートとして叩かれていた。現代はSNSの発達などが原因で人の目につきやすく、叩かれやすくなった。叩く側に作品への理解がないことが理由として挙げられるが、その人たちにどのように理解してもらうか。わかりやすく説明しているのに伝わっていないことがある。2021/06/03

Roadblue

6
あいちトリエンナーレの部分を読む。「平和の少女像」の作者キム・ソギョン夫妻は自国兵士のヴェトナム民間人虐殺をテーマに「ヴェトナム・ピエタ」を自省の念を込めて制作していることから必ずしも反日とは言えないとするが、慰安婦は事実ではないというのが日本の立場である一方、韓国兵によるヴェトナム民間人虐殺は極限的な心理状態下での行為とはいえ事実であり、違うだろ、と思う。政治的表現には寛容でも、性的作品について捨象している点をダブルスタンダードであると指摘したりと擁護一辺倒でなく全体として好感の持てる評論集ではある。2021/07/31

コウみん

1
表現の自由は国によって規制されているか。 2019年あいちトリエンナーレの少女像、2020年からはコロナ時代の表現について語り始めた。 「表現の自由」とは何か。国はその芸術性を潰しているか。 そんな疑問を思い浮かばせた一冊。2021/08/26

bocboc

1
読ませる。政治からウイルスまで、現代アートへの接続と非接続のその境界を、縦横無尽に駆け巡る。白、黒、白、黒、そしてグレーからカラーへ、という構成も見事。2021/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16964379

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。