うれしい生活

個数:

うれしい生活

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月13日 06時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 192p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784309256481
  • NDC分類 748
  • Cコード C0072

出版社内容情報

夫との出会いと結婚、子どもの出産と成長、そして訪れた夫の死……気鋭の写真家が家族のかたちを模索する歳月を写した、初の写真集。

内容説明

娘たちの成長と、夫の死―。家族のかたちを模索した十年の軌跡。生きる時間を隘れる光のなかに捉えた初の写真集。

著者等紹介

植本一子[ウエモトイチコ]
1984年、広島県生まれ。2003年、キヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞し写真家としてのキャリアをスタートさせる。広告、雑誌、CDジャケット、PV等幅広く活動中。2013年より下北沢に自然光を使った写真館「天然スタジオ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

チェアー

11
子どもと家族が生きてきた歴史。大切な人を喪っても、人は再生できるということ。毎日という時間が貴重であること。余分な説明が無いということから、見る人は写真にまっすぐ向き合う。2020/01/12

Odd-i

7
久々に、い・し・だ(ECD)さん聴きながら頁をめくる。何度もめくる。 1月24日は石田さんの三回忌なのでした。2020/01/29

Mari

3
「働けECD」から「かなわない」「家族最後の日」「降伏の記憶」そして「台風一過」まで一子さんの日記文学を追い続けてきたので、この写真集はぐっとくるものがあった。一子さんの文章のような、写真たち(いや、写真家さんなのだからほんとうは逆なのだけれど)。散らかった部屋、破れたふすま。そこにある生活がいとおしい。2019/12/04

バーベナ

2
著者の日記を読んでいたので、写真の人たちが身近に思えた。2021/03/27

m

0
「一緒にいられなくても」うれしい、と言い切る著者のこころをここから想像する。2022/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14646433

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。