横浜美術館開館30周年記念 美術でつなぐ人とみらい

個数:

横浜美術館開館30周年記念 美術でつなぐ人とみらい

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2019年11月12日 05時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 133p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784309256344
  • NDC分類 706.9
  • Cコード C0070

内容説明

横浜美術館の30年。そして、これからのこと―

目次

奈良美智―再び、横浜の子どもたちへ
広場としてのミュージアム―横浜美術館が建てられるまで
横浜美術館をめぐって―創作とエッセイ(岡田利規―みなとみらい、美術の広場、日曜日;鈴木理策(写真)―横浜美術館
円城塔―図録の中の図録
朝吹真理子―あ、メシだ!
森村泰昌―「生きている美術館」と「生きている芸術家」
伊藤亜紗―「つくる」をめぐる実験
ドミニク・チェン―読むことが書くことになる場所)
美術館はサード・プレイスになりうるか?

出版社内容情報

豪華執筆陣を迎え、小説・写真・論考など充実したクリエイションで〈横浜みなとみらいと美術館の未来〉について思いを馳せる記念誌。