ラファエロ―作品と時代を読む

個数:

ラファエロ―作品と時代を読む

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月22日 17時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309255866
  • NDC分類 723.37
  • Cコード C0070

内容説明

ラファエロ作品の奥、さらに奥へ―。三七歳という短い生涯で、何を描き、何を伝えたかったのか。教皇、貴族らの陰謀が交錯するルネサンスという時代を読み、そこで彼がいかなる創造をなしとげたかを、代表作から分析する。

目次

序章 ラファエロ―時代と人間像
第1章 ウルビーノからフィレンツェへ―フィレンツェ時代の三大聖母子画
第2章 「署名の間」の装飾におけるイメージ・ソース―プラトンとダンテ
第3章 激烈なるラファエロ―“ヘリオドロスの追放”(一五一一年)
第4章 ローマ第一の画家として―教皇レオ一〇世時代のラファエロ
第5章 テヴェレ河畔の「愛の館」―ヴィッラ・ファルネジーナにおける古代神話画
第6章 最後の大作―“キリストの変容”(一五一八‐二〇年)

著者等紹介

越川倫明[コシカワミチアキ]
1958年東京都生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。国立西洋美術館主任研究官を経て、東京藝術大学美術学部教授。専門はイタリア美術史

松浦弘明[マツウラヒロアキ]
1960年岐阜県生まれ。東京藝術大学美術学部芸術学科を卒業後、イタリア政府給費留学生としてフィレンツェ大学へ留学。帰国後、東京藝術大学大学院博士後期課程満期退学。順天堂大学非常勤講師などを経て、多摩美術大学教授。大学以外でも日伊協会、朝日カルチャーセンター、NHK文化センターなどで西洋美術史とイタリア語の講座を担当

甲斐教行[カイノリユキ]
1960年東京都生まれ。1990‐96年、フィレンツェ大学文哲学部留学。1997年、東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程満期退学。茨城大学教育学部教授。博士(文学)。専門はイタリア近世美術史

深田麻里亜[フカダマリア]
1980年東京都生まれ。2007‐09年、ローマ大学(ラ・サピエンツァ)留学。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。同大学美術学部教育研究助手を経て、東京藝術大学他講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

わずか37年の短い生涯でラファエロが本当に描きたかったものはなんだったのか。時代背景を読み、作品に残した「意味」に迫る。